俳優,女優

加賀まりこが子供を隠す理由は?年齢や死因、父親の画像は?

加賀まりこさんと言えば、若い頃が
とても美少女だったと評判の女優さんです。

地上波のテレビでも若い頃の画像が
公開されることもありますが、
周囲にいる人が放っておかないような美少女です。

ちなみに、若い頃はこんな美人でした↓↓

加賀まりこさんの若い頃は今のアイドルと比べても
負けないぐらいの美少女っぷりでしたが、
そんな人だったら当然、かつては熱愛報道が
盛んだったのではないかと思われます。

実際、加賀まりこさんは過去に結婚、離婚歴があり、
現在では事実婚の関係にある人もいますが
子供の話はあまり聞きませんよね。

加賀まりこさんの年齢が年齢だけに、子供がいれば
話題になっていてもおかしくありませんが、
何か理由があるのでしょうか?

今回は、女優加賀まりこさんの子供について
年齢亡くなった原因
父親候補の人の画像などを調べてみました。

スポンサードリンク

女優加賀まりこさんのプロフィール

出典:映画.com

名前:加賀 まりこ(かが まりこ)

本名:加賀 雅子(かが まさこ)

生年月日:1943年12月11日

年齢:74歳(2019年5月現在)

出身:東京都新宿区神楽坂

身長:156cm

血液型:O型

所属:有限会社活動屋

学歴:明星学園高等学校 中退

職業:女優、司会者

加賀まりこさん一家は、いわゆる芸能一家で
父の加賀四郎さんと兄の加賀祥夫さんは
二人とも映画のプロデューサー。

まさに、生まれたその瞬間から
映画、演劇などの世界に
触れ続けてきたわけですね。

そんな加賀まりこさんが
芸能界入りしたのは、高校生の時。

路上でスカウトされ、
ドラマ「東京タワーは知っている」で
女優としてデビュー。

それ以降は数々のドラマ、映画に出演してきた
加賀まりこさんですが、
当時、デビューしたての加賀まりこさんを
有名にしたのが、彼女の毒舌

今でこそ、有吉弘行や坂上忍など
毒舌キャラの芸能人も何人かいますが、

当時の時代は毒舌キャラは珍しく、
しかも女性だったこともあり
週刊誌の恰好のネタになったそうです。

また、加賀まりこさん自身が
奔放な性格をしていたこともあり、
スキャンダルも次から次へと沸いて出てくる始末。

そんな加賀まりこさんのことを、
当時のマスコミは

小悪魔
和製ブリジット・バルドー


などと呼んでいたそうです。

ちなみに、ブリジット・バルドーさんはこんな方↓

出典:Wikipedia

美少女で、毒舌キャラで、活発で
しかも女性だと、当時は嫌でも目立ったでしょうね。

誹謗中傷なんかも少なからずあったせいか、
加賀まりこさんは20歳の時に
全ての芸能活動をキャンセル。

半年先までのスケジュールを開け、
一人でフランスのパリで
豪遊生活を送ったこともありました。

日本に帰国後は、あの劇団四季の舞台
オンディーヌ」に出演。

この舞台は連日大盛況に終わり、
この時から加賀まりこさんは
舞台女優として活動していくようになります。

最近(と言っても10年以上前ですが)の作品では
「花より男子」で道明寺のお母さん役を演じたことで
若い世代にも広く知られるようになりました。

加賀まりこさんとは全然関係ないですが、
花より男子が10年以上前・・・?

自分で書いてて衝撃です笑

スポンサードリンク

加賀まりこさんには子供がいる?話をしない理由は?

若い頃は誰もが放っておかない、
まさに絶世の美少女と言われてもおかしくなかった
加賀まりこさん。

当然、数々のゴシップネタや
熱愛報道もあったようですが、
不思議な事に、未だに子供の話はほとんど聞きません。

また、調べてみたところ
加賀まりこさん本人も公の場で
子供の話をしたことはほとんどないそうです。

何か事情があるのか?と不思議に思って
調べてみたところ、
実は加賀まりこさんは結婚して妊娠したことが
1度だけありました。

ところが、その子どもは
亡くなってしまったそうです。

既に亡くなられているのであれば、テレビなどで
そういった話が出ないのも納得ですね。

そういう事情があると、テレビ業界で
加賀まりこさんの子どもについて触れるのは
一種のタブーになっているのかも知れません。

当時の記録によると、
加賀まりこさんが子どもを妊娠したのは
彼女が27歳の時でした。

妊娠が発覚した後、加賀まりこさんは
お腹の中の赤ちゃんの教育(=胎教)のために
クラシックを聴くなどの努力を始めたという話。

まさに、一人の女性から「母親」になるべく
努力を続けたわけですが、
悲しいことに、その努力は実らなかったようです。

そのまま健康に育っていれば
現在だと40代後半の年齢。
残念、としか言いようがありませんね。

ただ、出産というのは
医療技術が発達した今でも
母親の命の危険がある、一大事です。

厚生労働省が毎年発表しているデータによると、
加賀まりこさんが妊娠した
1972年には、なんと827人もの妊婦さんが
亡くなっています。
※ 出典:厚生労働省「人口統計資料集(2018)」

思った以上に多くて、
私自身、けっこう衝撃です。

加賀まりこさん本人の命が
無事だったことが、不幸中の幸いですね。

加賀まりこさんの子供が亡くなった原因や父親は?

1 2

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です