フード、グルメ

生タコではなく茹でタコしかスーパーにない理由は?

スーパーの海鮮コーナーで売っている
タコですが、普段見かけるのは
真っ赤な色をしていますよね。

この画像のように、真っ赤な色をしたタコは
前もって茹でておいてから
細かく切って、お店に並んでいます。

一方、どのスーパーを見ても
スーパーは「生」の状態では
売られていません。

スーパーに行った時に、
こんな色をしたタコが売っているのは
見たことないと思いませんか?

一方で、イカや貝類、刺身なんかは
本当の生の状態で売られていますよね。

タコだけわざわざ茹でているのは
一体なぜなのか?

ふと気になったので、
ちょっと調べてみました。

スポンサードリンク

タコが生で売られていない理由

普段、スーパーで売られているのは
「マダコ」という種類のタコですが、

生のマタコが売られていない理由は、
一言で言うと「マズいから」。

生のタコは、見た目の色も
美味しくなさそうですが、
実際食べても、食感がイマイチ

茹でたタコと違って、皮が硬いせいで
食べても噛み切れずに
ずーっと口の中に残ってしまいます。

焼肉でいう、ホルモンみたいな食感ですね。

しかも、生の状態だと
タコ本来の生臭さも残っているので
口の中がカオスな状態に。

生臭いのに、食べきれないという
最悪なコンボですね。。。

タコは生のままだと、マズくて
誰も食べないので、
茹でて美味しく食べられるようにしてから
スーパーで売っているんですね!

タコが茹でられると美味しくなる理由

ちなみに、タコを茹でると
なぜ美味しく食べられるように
なるんでしょうか?

その理由は、タコを茹でることで
タコに水分が含まれるようになり
皮が柔らかくなるからです。

タコがまずい理由の一つは
皮が噛み切れないという食感なので、
これだけでもかなり美味しくなります。

しかも、一度茹でることで
生タコの生臭さも無くなるので
一石二鳥ですね!

もちろん、実際に調理する時は
茹でるだけではなくて、塩もみするなど
他にも処理が必要ですけどね。

スーパーで生タコが売られていない理由まとめ

スーパーで売られているタコが
生ではなく、茹でた状態で
売られている理由について調べました。

人によっては、スーパーで売られている
赤色のタコが、実は茹でた後ということ自体
知らなかったりするかもですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です