ん?
映画

12億の学生強盗団事件、映画化して犯人が実際に出演!?【ワールド極限ミステリー】

ワールド極限ミステリーで特集された、
エリート学生による
時価12億円もする本の強盗事件。

アメリカの大学生
実際に起こしたこの事件ですが、

結局犯行は失敗し、
犯人の学生たちは
警察に捕まってしまいます。

学生が犯人だったり、
フィクションの映画を参考にして
犯行計画を立てたり、
色々とツッコミどころのあるこの事件ですが、

なんとその後、実際に
アメリカン・アニマルズ
というタイトルで映画化されています!

しかもこの映画には、刑期を終えて
刑務所から出てきた犯人たちが
本人役で出演しているという話まで。

いったいどんな映画なんでしょうか?

スポンサードリンク

12億円の本の学生強奪事件とは?

アメリカで起きた、学生たち4人による
時価12億円の本の強奪事件。

この事件が起きたのは、
2004年のアメリカ、ケンタッキー州。

当時、野鳥画家の
ジョン・ジェームズ・オーデュポンという人が描いた
「アメリカの鳥類」という画集があったのですが、

この本、大きさが畳半畳
(約99cm×96cm)もある巨大な画集で、
ヴィンテージ物扱いされている本です。

この巨大な本を盗み出そう!と
犯行を計画したのが、

お互いに大学の友人である
ウォーレンにスペンサー、
エリックとチャズの4人組。

しかしどの学生も、貧乏だったわけではなく
裕福な家庭に生まれたエリート学生。

そんな彼らが犯行を決意したのは、
「普通でいたくなかった」
「存在価値を残したかった」
という理由からでした。

エリート家庭に生まれたので、
自分は他の人とは違う!という
気持ちが強かったのかもしれませんね。

そんな彼らは、顔を隠すために
老人の姿に変装することを
計画したのですが、このアイデアは

・スナッチ
・オーシャンズ11
・レザボア・ドッグス
・現金に体を張れ

など、犯罪映画のネタを
ヒントにして考案されたそうです。

オーシャンズ11なんかは、
日本でもかなり流行っていたので
知っている人も多いと思います。

確かに面白い映画だったとは思いますが、
それを実際の犯罪の参考にするとは・・・

エリートの考えることは
ちょっと分かりませんw

結局、想定外のハプニングなどで
計画は破綻し、
彼らは捕まってしまう訳ですが、

やっぱりフィクションはフィクションとして
楽しむのが一番ということですね!

スポンサードリンク

犯人が出所後、事件が映画化

健闘むなしく、警察に捕まってしまった
ウォーレン達4人の学生たち。

もちろんその後、彼らは刑務所で
罪を償っていたのですが、

アメリカの映画監督の
バート・レイトンという人が興味を持ち、
獄中の彼らと手紙のやり取りを始めます。

手紙のやり取りの中で、
なぜエリート学生だった彼らが
自分の未来を棒に振ってまで
強盗事件を起こしたのか?

その動機に興味を持ったレイトン監督は、
この話を映画化することを決めます。

アメリカンアニマルズ
出典:amazon

アメリカン・アニマルズ」という題名で
撮影・公開されたこの映画ですが、
実際の演技は

・エヴァン ピーターズ(X-MEN)
・バリー コーガン(ダンケルク)


などの若手俳優が演じたのですが、

なんと映画の途中には
ウォーレン達のインタビュー映像が。

まるで犯人達が、自分達の過去を
振り返っているような
映画になっています。

映画の予告映像はこちら。

出典:Youtube

実際の事件を元にした映画はあっても、
その犯人が映画に出ている、というのは
なかなかないパターンですね。

日本でも2019年に公開されたそうですが、
どんな人が犯罪を犯したのか?
ちょっと見てみたい気もします。

12億円の本の学生強奪事件と映画化の情報まとめ

アメリカの大学生が12億円の画集を
強奪しようした事件と、

その犯人たちが実際に出演している
映画「アメリカン・アニマルズ」に
ついての情報をまとめました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です