(New!)旭川市いじめ自殺 廣瀬さあやさんツイッターが語る事件後の心境

中日ヤクルト戦審判ミス動画まとめ「ゲームセットで高津監督が激怒」

中日ヤクルト戦動画ニュース
ニュース

9月13日の中日-ヤクルト戦の9回表ヤクルトの攻撃。1塁ランナーと3塁ランナーがダブルプレーになってゲームセットになったシーンで二塁塁審のミスが疑われ、ヤクルト高津監督が猛抗議する一幕がありました。

問題のシーンで何があったのか、動画をまとめています。

(動画)中日ヤクルト戦で2塁塁審のミスでゲームセット

問題のシーンは9回表、1点を追いかけるヤクルト側の攻撃でバッターは川端。ランナーは一、二塁で川端の打った打球はセカンドに飛びました。

セカンド-ファースト間で一塁走者をフォースアウトしようとする中、中日ショートの京田が途中で何かに気付いたような様子で二塁ベースに戻り、ベースをしっかりと踏みました。

本来ならこの時点でフォースアウト成立なのですが、二塁塁審からのコールは無し。 ボールは本塁に送られ、フォースアウトの間に飛び出していた三塁走者がタッチアウトされ、ダブルプレー成立により試合終了、となりました。

(動画)中日ヤクルト戦塁審のミス「二塁塁審がコールしてない」

プレーを振り返ると、守備をしていた中日側はバッターランナーが生還したことにより、フォースアウト成立にいち早く気付いた様子。

一方で攻撃側のヤクルトは、挟まれていた一塁走者はもちろん、本塁を狙った三塁走者もフォースアウト成立には気づいていなかったと思われます。

(動画)中日ヤクルト戦塁審ミス「ダブルプレーでゲームセット」

結果こそダブルプレー成立でのゲームセットとなりましたが、当初二塁側のフォースアウトは気づかれず。一塁走者がアウトになったことは、中日側のリクエストにより初めて発覚しています。

審判は問題のプレーに対し、「ランダン中に京田選手がセカンドベースを踏んでいました。リクエストで確認し、最初にセカンドでふたつ目のアウトが成立。ホームでスリーアウト目が成立です」と場内アナウンスで説明。

(動画)中日ヤクルト戦の誤審「高津監督は猛抗議」

問題のプレーに対し、ヤクルト高津監督は審判団に猛抗議。ヤクルト側からすれば「二塁塁審がコールしなかったから」ゲームが終わってしまった、と主張せずにはいられないでしょう。

(動画)中日ヤクルト戦「ヤクルト側はまだ残ってる」

結局、ヤクルト側の主張は認められずゲームは1-0で中日の勝利。高津監督は13分ほど粘ったものの、主張は認められなかったようです。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました