タトゥーで寿司屋解雇の男性は誰?紀尾井久兵衛の入れ墨解雇は違法か

ニュース

ホテルニューオータニにある高級寿司屋、紀尾井久兵衛(きおいきゅうべえ)に勤務していた男性(20)がタトゥーをしているという情報が社長の元に寄せられ、男性の解雇と寮からの退去を命じられたことを違法とする労働審判が行われています。

男性と会社側が互いに代理弁護士を立てて協議を進めた結果、男性の解雇は8月に撤回されたものの、男性は調理準備の仕事しかできないと告げられました。

ネット上では会社側を訴えた男性を批判する声が多数流れていますが、男性が580万円の損害賠償と賃金支払いを求めているこの裁判、今後どのような判決が出るのでしょうか。

紀尾井久兵衛勤務の男性は誰?入れ墨の真偽は

会社を訴えた寿司屋勤務の男性については、20歳の男性という以外に詳しい情報は明かされていません。そして男性の代理人弁護士によると、男性が実際に入れ墨をしているのか?それすらもなぜか公開されていません。

タトゥーがあるかないか、が今回の労働審判の結果を左右する重要なポイントにも関わらず。タトゥーの有り無しは身体を見せればすぐに証明できるのですが・・・?そうしないということは男性が入れ墨をしていることをバレないように拒否しているのかもしれません。

それをしないということは、男性がタトゥーが入れているという証明でしょう。男性は代理の弁護士までわざわざ立てて労働審判を起こしている訳ですが、入れ墨を入れていなければそもそもこんな争いにならないので。

高級寿司屋で入れ墨禁止は当然という意見が多数

今回男性が勤務していたのは、寿司屋の中でも高級寿司屋として有名な紀尾井久兵衛(きおいきゅうべえ)。政治家や企業のお偉いさんが会食する時にも使われるような、格式高いお店です。

そして寿司屋のある場所はホテルニューオータニという高級ホテル。タトゥーのイメージとはかけ離れた場所ですね。他のお店ならまだしも、高級店というブランドイメージを持つ紀尾井久兵衛が男性を業務から遠ざけたのは当然だという声がほとんどです。

アメリカなど、海外ではタトゥーはおしゃれの一環、ファッションとして認められている国もありますが、日本では入れ墨=アウトローの人が入れる物、というイメージが根強いです。

しかも男性が勤務していたのは、まさに日本という国を代表する寿司屋。常識的に考えれば日本らしい雰囲気が求められる寿司屋で入れ墨が禁止されることは簡単に想像できるます。訴えを起こした男性はタトゥーがあることを隠して勤務していたのでしょう。

寿司屋タトゥー禁止の裁判の争点は就業規則

今回男性が起こした労働審判は、タトゥーが原因で仕事から遠ざけられたことに対する逆恨みのような訴訟ですね。しかし男性側の代理人弁護士が主張しているように、男性の訴えが認められるかどうかは、会社側の就業規則によるのではないでしょうか。

以上の通りではありますが、会社にタトゥーなどを禁止するルールが設けられていない場合は、いきなり労働者に不利益を科すことは難しいと思われます。もちろん、「身だしなみ」など、抽象的な規定があれば、それに該当するとして、注意や懲戒などをすることもできなくはありませんが、紛争の火種を作ることになります。もしタトゥーを禁止したいというのであれば、明確なルールとしてあらかじめ設けておいた方が無難です。

出典:Yahooしごと検索

しかし他の仕事ならともかく、高級寿司屋のような厳格な雰囲気のある職場では「入れ墨、タトゥーを入れてはいけない」というルールは、半ば常識、暗黙の了解として扱われていたのではないでしょうか。就業規則にわざわざそこまで入れていないことも十分考えられます。

男子側の弁護士が就業規則を話題に出してきたのも、タトゥーが規則上禁止されていないことを見越してでしょうね。このような当たり前のことまで書いておかないといけないというのは非常に息苦しいですが、今回の裁判をきっかけに会社の就業規則も改めて見直されるのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました