(New!)足利市山火事原因はタバコの火不始末か「両岸山東屋で休憩していた年配男性」目撃情報

摂津市三島事故犯人柏木涼の顔画像「事故直後に電話」フェイスブック友達に相談か?

柏木涼容疑者サムネニュース
ニュース

大阪府摂津市の母娘がワゴン車に轢かれ、親子のうち娘の塚田 絃(いと)ちゃん2歳が車と電柱に挟まれ亡くなるという痛ましい事故が起きてしまいました。

犯人は31歳の無職 柏木涼容疑者。事故直後は通報するでもなく誰かに電話していたという証言もありますが、柏木涼容疑者の顔画像や特定されたフェイスブックの情報などをまとめました。

摂津市三島交通事故犯人柏木涼容疑者の顔画像

摂津市の事故を起こした犯人、柏木涼容疑者の顔画像はこちらです。この画像は柏木涼容疑者本人のフェイスブックから発見・拡散されている画像ですが、今から7年以上前の時の写真です。

柏木涼1

柏木涼容疑者が事件を起こし時は31歳でしたが、この写真に写っている柏木涼容疑者は24歳前後です。柏木涼容疑者について拡散されている写真はこちら。飲むのが好きなようですね。

逮捕当時の柏木涼容疑者は無職。ウイルス感染で仕事を解雇されたのかもしれませんが、空いた時間には飲み歩いていたのでしょうか。。。

2歳女児が車にはねられ意識不明の重体 「車が急発進した」という目撃情報も(2021年2月19日)

柏木涼容疑者のフェイスブック画像

ネット上では柏木涼容疑者のフェイスブックが特定されていました。プロフィールの出身が今回事故を起こした大阪府 摂津市と一致しているため、柏木涼容疑者本人の可能性は高いでしょう。

柏木涼容疑者のフェイスブック

柏木涼容疑者のフェイスブックの友達は160人以上。フェイスブックにupしていた画像も友達と旅行に行ったり飲み明かしているような画像ばかりです。

柏木涼容疑者は顔もイケメン。女性と映っている画像も多く、地元大阪の摂津では人気者だったことが伺えます。事故を起こす犯人にありがちなBBQの画像もありました。

柏木涼集団2

フェイスブックでは地元の友達らしき人や、留学で知り合った外国人とのやり取りなども残っていました。

柏木涼集団3

(画像)摂津市三島交通事故の場所-南千里丘

柏木涼容疑者が摂津市三島で起こした交通事故では、2歳の女の子とその母親が巻き込まれました。女の子は母親に付き添われて子ども用自転車を練習している最中でしたが、柏木涼容疑者の運転するワゴンは2人を真正面から跳ね飛ばしました。

女の子の母親は軽傷でしたが、女の子はワゴンと電柱の間に挟まれて全身を強く打ち死亡。事故当時に女の子が乗っていた子ども用自転車は見るも無残にひしゃげています。

柏木涼事件2

事故現場の画像がこちらです。片側1車線の道路ですが、そう狭い道路でもないので避けようと思えばいくらでも避けられたはず。車は2人を跳ね飛ばし、電柱にぶつかったことでようやく停止。

現場は大阪モノレール摂津駅と阪急摂津市駅の間にある通りに繋がる道路で、事故現場のする後ろにはローソン摂津南千里丘店があります。

すぐ近くには摂津警察署まであるので、通報から犯人逮捕までは早かったでしょう。

柏木涼事故現場

現場をグーグルマップで確認してみました(映像に映っている母子は本人ではありません)。現場はスクールゾーンなので車は徐行しないといけないエリア。

普通の人間が普通に運転していれば、事故が起きるはずもありません。一体なぜこんな痛ましい事故が起きてしまったのでしょうか。

現場住所:〒566-0022 大阪府摂津市三島3丁目16−45付近

(追記)摂津市三島交通事故被害者はたった2歳の塚田絃ちゃん

今回の事件で犠牲になったのは摂津市在住の塚田絃(いと)ちゃん2歳。

事故現場のすぐ近くには摂津医誠会病院という総合病院があり、通報からすぐに救急車が駆けつけたようですが、それでも2歳の子どもの命が救われることはありませんでした。

塚田絃蘇生

2歳の塚田絃ちゃんが事故当時乗っていたのは「いきなり自転車」というハンドル付きの自転車。子どもがいきなり車道に飛び出さないよう配慮された自転車です。

値段は2万円を越え、自転車にしてはかなり高価なものですが、ハンドルが付いているので親にとっては安心できる自転車です。少し高いけど、子ども安全がお金で買えるなら・・・と買ったのでしょう。

母親は35歳、2歳の塚田絃ちゃんはまさに目に入れても痛くないと言っても過言ではなかったはず。しかし子を持つ側がどれだけ注意を払っても無職男の無謀な運転は止められないという事実はやり切れません。(写真の親子は無関係のモデルです)

摂津市交通事故柏木涼容疑者「急発進して轢いた」

事故の目撃者によると、柏木涼容疑者の運転する車は急発進して塚田 絃(いと)ちゃん親子をはねたと語っています。

目撃者は「車と電柱に挟まれた形だった。車が急発進していて、そのまま電柱にぶつかるまで止まらなかった」と話しています。

出典:Yahooニュース(カンテレ)
摂津市事故の目撃者

通学路で徐行運転しないといけないエリアでの急発進はあり得ない行動ですが、なぜ柏木涼容疑者はこのような行動に出たのか。

事故直後の柏木涼容疑者は「意識がぼうっとなり、意識がなくなったような状態で運転してしまった」と語っています。本人も訳がわからないまま人をはね、気づけば全て取り返しがつかない状況だったのか。

柏木涼容疑者の証言から、ネット上では「てんかんだったのでは?」という疑いの声も出ています。

柏木涼容疑者

てんかんは脳内の神経細胞の過剰な電気的興奮に伴って、意識障害やけいれんなどを発作的に起こす慢性的な脳の病気です。この病気は紀元前から知られており、かつては憑き物にとりつかれて生じる病気と信じられていたため、いまだに多くの誤解や偏見があります。過剰興奮が脳の様々な場所に起こるため、その場所に応じて症状も様々なものとなります。

出典:日本神経学会

てんかんでも発作などの症状が無ければ運転免許が取れるようになってはいますが、柏木涼容疑者が本当にそうだったのかは今後の捜査で明らかになることでしょう。

激しく痙攣(けいれん)するのだけがてんかんではないからな

一時的にぼーっとするタイプの発作とか 周りから見ると変化が分からない
でも意識は飛んでる、という

てんかんコメント

柏木涼容疑者「高速でボンネット空いた笑」Facebookで語る

そんな中、柏木涼容疑者のFacebookでも車にまつわる妙な投稿がありました。高速で運転中、車のボンネットが全開になったというにわかには信じられない出来事です。

Facebook上ではさも笑い話のように語っていますが、高速でボンネットが開くという事故一歩手前のことが起きても平然としています。幸い事故にはなっていないようですが、危険な状態だったということは全く理解できていない様子です。

高速でいきなりボンネットフルオープンなった!笑

柏木涼容疑者の投稿

車の後ろで事故防止の発煙筒を焚くなどの処理はしていますが、普通に車を運転、整備していてボンネットが空くというなどということにはならないはず。交通ルールなどは守れているのはいいのですが、注意力が致命的に欠けていたのでしょう。

柏木涼容疑者にもしてんかんの症状があったとしても、「大丈夫大丈夫」と言って気にも留めなかったことは十分ありえます。

意識混濁で責任能力がないって主張するつもりだな 完全に黒

柏木涼書き込み3

(追記)柏木涼容疑者の運転していたワゴンはアクセルべた踏み

柏木涼容疑者が事故当時運転していたワゴン車がこちらです。柏木涼容疑者がフェイスブック上で公開していた車とは車種が違うので、車を買い替えたものと思われます。

Facebookでは友達と旅行や遊んでいる写真ばかりでした。地元の忘年会に野球観戦、ユニバにGWのバーベキュー、スノボや沖縄旅行の写真なども見つかりました。ワゴンの方が車に乗せる人数も多いので、友達の送迎なども考えて大きいタイプの車にしたのでしょうか。

ワゴン

しかし結果的に、ワゴン車の大きな車体は塚田絃ちゃんの小さな体を巻き込むのに使われてしまった。

事故の目撃者は「アクセルべた踏みの勢いだった」と語っています。運転能力のない人間が乗る車はただの凶器にしかならないといういい例です。

アクセルをべた踏みくらいの勢いだったので 電柱に当たった反動で車が後ろに下がった

ワゴン車アクセルべた踏み

摂津市交通事故犯柏木涼容疑者、事故直後に謎の電話

てんかん?の疑いがある柏木涼容疑者ですが、事故直後の行動を見るとそれも怪しいと言わざるを得ません。というのも、事故直後に柏木涼容疑者は誰かに電話をかけていたという目撃証言も出ているからです。

事故を目撃した男性: (すぐに警察と救急車を)呼ばなかったですね。僕らが呼んでるんで。「やばいやばい」みたいなことを言って、誰かと電話していたような感じはありましたけど。

出典:FNNプライムオンライン

事故直後に警察以外に電話とはまるで飯塚幸三のような行動ですね。「やばいやばい」という発言から友達か親あたりに事故のことを相談していたと考えられます。

柏木涼事件

しかし事故を起こした車も電柱にぶつかり、ボンネットはひしゃげている状態。事故のショックでぼう然となる人もいるでしょうが、柏木涼容疑者はいち早く我に帰って電話をかけています。

運転中は「ぼうっとしていた」と語る柏木涼容疑者ですが、そんな人が事故を起こした途端に元通り、というのは本当にありえる話なのでしょうか?

運転手がてんかんだった車の事故と言えば、2002年に京都・祇園で合計7人が死亡した藤崎 晋吾(ふじさき しんご)容疑者の事故です。

藤崎晋吾容疑者てんかん

この事故では車を運転していた藤崎晋吾容疑者がてんかんの持病持ちだったことは、家族の証言により判明。しかし本人は搬送先の病院で亡くなっています。

ただでさえ運転手への衝撃が大きい車の事故。もしてんかんで意識がないような状態で車がぶつかっていたら、それだけ運転手本人へのダメージも大きかったと予想できます。

今回の事故での柏木涼容疑者の行動は「事故後に誰かと電話」→警察には「運転中意識をなくしたような状態だった」と証言、という、どうにも怪しいところが残る行動ばかりです。友達に相談して「持病があったことにしろ」などとアドバイスを受けていた可能性もあるのではないでしょうか。

藤崎晋吾容疑者

コメント

  1. 1枚目は容疑者ではないので消した方がいいですよ。

    • コメントありがとうございます。修正しました。

タイトルとURLをコピーしました