陸上マスクマンの正体は誰?箱根駅伝MVPが8/1体育会tvでゴボウ抜き

マスクマンの正体(炎の体育会TV)

8月1日の体育会tvでは、陸上勝負にマスクドランナーが登場。このマスクマンは箱根駅伝MVPを取った実力者で、今回はたった一人で芸能人男子チーム、女子チームの両方と対決します。

彼の正体は誰なのか?正体を当ててツイッターでクオカードを当てたいところですが、
はたして特定できるんでしょうか?

ちなみに管理人の予想では、2018年に箱根駅伝MVPを獲得した林奎介(はやし けいすけ)さんが今回の陸上マスクマンの正体だと思っています!詳しい理由が気になる方は記事の下へどうぞ。

8月15日放送のマスクドハードラーの正体当てはこちら↓

8月1日陸上マスクドランナーの正体は誰?

今回の陸上マスクマンの正体を当てるヒントはこちら。

・箱根駅伝でMVP獲得
・箱根駅伝で区間賞を獲得
・箱根駅伝で優勝を経験
・現役ランナー

体育会tvに出てくる陸上マスクマンの中でも、MVPに区間賞、しかも優勝までしている選手は限られると予想。箱根駅伝で取れる賞を総なめにしている訳ですから、まさに陸上のスター選手が今回のマスクドランナーの正体ということですね。

箱根駅伝でMVPを取った陸上選手

歴史のある箱根駅伝ですが、大会MVPを決めるようになったのは割と最近、2004年の箱根駅伝からです。なので、陸上マスクマンの候補は多くても17人ぐらい。

さらにその中から、箱根駅伝で優勝した人、箱根駅伝で区間賞を取った人を絞りこんでみた結果、マスクドランナーの候補として残ったのはこの7人でした!

1. 今井 正人 – MVPは2006,2005年
2. 服部 翔大 – MVPは2013年
3. 大津 顕杜 – MVPは2014年
4. 神野 大地 – MVPは2015年
5. 久保田 和真 – MVPは2016年
6. 林 奎介 – MVPは2018年
7. 小松 陽平 – MVPは2019年

この中には、すでに過去の体育会tvでマスクマンとして出たことがある人もいますが、はたして正体は誰なんでしょうか?

個人的には、特に今年の箱根駅伝で話題になった、相澤晃さんなんかはマスクマンの正体としてはうってつけだと思っていたのですが、実は彼には箱根駅伝での優勝歴がありませんでした。

相澤晃さんのいた東洋大学が箱根駅伝で優勝したのは第90回が最後。この時は相澤晃さんは出場していなかったので、彼は今回の陸上マスクマンではありません。

今回の陸上マスクマンではなさそうな人

ちなみに陸上マスクマンの候補のうち、個人的には神野大地さんではないだろう、と思っています。というのも、実は彼は2回もマスクドランナーとして登場しているから。

1回目は2018年の放送、2回目は2019年5月の放送で登場していることが分かっているので、さすがに3年連続はテレビ的にもないだろう、という裏の事情的に、今回のマスクドランナーではなさそうです。

当時の予想記事です↓

陸上マスクマンの口元もヒントに

これだけでなく、マスクマンの外見にも注目してみました。ちょっとだけ出ている口元の様子から、何か分かるかも・・・?と思っていたのですが、これが意外にもヒントになりました。

マスクマン8月1日

マスクから出ている口元を比べてみたところ、意外と林奎介さんが今回の陸上マスクマンでは?という予想になりました。

林奎介さんは青山学院大学の出身で、2018年の第94回箱根駅伝に出場した時には7区を担当していました。7区では区間新記録となるを記録。しかも翌年の第95回箱根駅伝でも区間新記録を達成し、現在はGMOアスリーツに所属しています。

(追記)番組生放送で出たヒント

当日の番組生放送で新しくでたヒントが、箱根駅伝の優勝が2回ということでした。そして出身校は青山学院大学という大ヒントも。さらに、マスクドランナーが出場した箱根駅伝7区では2年連続で区間賞を取ったことも確定です。

ここまでのヒントを見て、陸上マスクマンの正体は林奎介さんでほぼ確定とみていいのではないでしょうか!

体育会tv(8月1日)の陸上マスクマンの正体まとめ

8月1日の体育会tvで芸能人と対決した陸上マスクマンの正体について調べた結果、マスクドランナーの正体は林奎介さんと予想しました!

林奎介さん2018年の箱根駅伝で青山学院大学を優勝に導き、自身も7区で区間新記録を樹立し、みごとMVPに輝いたスター選手です。箱根駅伝で活躍した選手は他にもいますが、陸上マスクマンの口元を見る限りこの方ではないでしょうか?

8月15日放送のマスクドハードラーの正体当てはこちら↓

8月1日の野球マスクドピッチャーの正体はこちらの記事で↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました