令和の硬貨や紙幣の絵柄(模様)は変わる?記念硬貨のデザインは?

リンク広告




本日4月1日に、新しい元号である
「令和」が発表されました。

発表される前にはネット上で
新元号が予想されたり、
某有名タレントの夫が元号を勝手に発表したり。
(結局はずれてましたが)

発表前はプチパニックになっていた様子でしたが、
それは元号が発表された今日も同じでしたね。

今日で正式に元号が「令和」に決まったので、
これから書類やらPCの設定やらで
色々と忙しくなる所も
増えてくると思います。

そんな中、徐々に話題になりつつあるのが
今年から発行される硬貨や紙幣。

記念に硬貨が発売されるという情報もありますが、
硬貨や紙幣の絵柄や模様、デザインが
変わるようなことはあるのでしょうか?

気になったので、少し情報をまとめてみました。

令和〇年発行の硬貨や紙幣の絵柄はどうなる?

今年発行される硬貨には、当然
「令和元年」という文字が入ることになります。

それに合わせて硬貨や紙幣の絵柄が
果たして変わるのか?ということですが、

少なくとも、私達がふだん使う分の
硬貨や紙幣の絵柄が変わることはないようです。

硬貨や紙幣を作っているのは造幣局ですが、
造幣局へのインタビュー記事もネット上の
ニュースで流れていました。

その記事を確認しても、絵柄や模様が
令和を記念にして変わるというような
話はありませんでした。

ちなみに、「令和元年」が入った硬貨が
普通に使われるようになるのは、
早くても7月の下旬だそうです。

今から準備を始めるそうなので、
けっこう時間がかかるんですね。

スポンサードリンク

硬貨や紙幣のデザインが変わるのはなぜ?

平成の間には、千円札や五千円札、五百円玉の
絵柄、デザインが大きく変わりましたが
(二千円札なんてものもありましたね)

ふつう、硬貨や紙幣の絵柄や模様が変わるのは
偽造防止のためだそうです。

いくら天皇の生前退位が珍しいこととは言え、
元号が変わるたびにデザインを変えていたら
それはそれで大変ですもんね。

令和の記念硬貨のデザインは?

今回、元号が令和に代わることを記念して
記念硬貨が発売されるようですが、
そっちの絵柄はどうなるのでしょうか?

記念硬貨については、予約が2019年の8月から
始まるそうですが、まだ詳しい情報は
明らかになっていません。

ただし、 元号が昭和から平成になった時にも
記念硬貨が発売されたので、
今回も発売されるのはほぼ確実です。

過去に発売された記念硬貨を見る限り、
私たちが普段使っている貨幣のセットについては
普段通りのデザインです。

ただ、過去には10万円硬貨という
超レアものの貨幣が発売されたこともあり、
そのような貨幣のデザインは
全く別物になりそうです。

令和の硬貨や紙幣の絵柄(デザイン)情報まとめ

元号が「令和」に切り替わるタイミングで
発行される硬貨や紙幣について、
絵柄やデザインが切り替わるのか?という
情報についてまとめました。

スポンサーリンク

フォローする