スポーツ選手

浅村の前進守備とは?佐伯の「何のための前進守備」との違い

本日中継されている、プレミア12の
日本×アメリカ戦。

注目している野球好きの方も
多いと思いますが、
突如トレンドに「のための前進守備
という謎ワードが。

どうやら一塁手の浅村選手が
前進守備した時の
プレーがトレンドになっているようですが、

一方で、佐伯選手の
「何のための前進守備」を
思い出している人もいます。

そもそも今回の試合で何があったのか、
浅村選手と佐伯選手のケースの
違いは何なのでしょうか?

スポンサードリンク

浅村選手の前進守備が議論に

まず、今回のプレミア12で
話題になった、浅村選手の
守備プレーがこちら。

https://twitter.com/Premier12/status/1194203697686798337?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1194203697686798337&ref_url=http%3A%2F%2Fonjsummarynet.net%2Farchives%2F20740443.html
出典:プレミア12公式Twitter

場面は2回表、1アウトランナー3塁の状況で
バッターは6番のクローネンワース。

ここで、前進守備をしていた
浅村選手の正面に
打球が転がってきたのですが、

打球を取った浅村選手は
まず一塁を踏み、
その後本塁に送球。

しかし送球は間に合わず、
アメリカに1点が入り
1対0になりました。

佐伯選手の前進守備の動画

次に、話題になっている
佐伯選手の前進守備の動画です。

出典:youtube

当時、この場面での一塁手は
佐伯選手でした。

同じ様に打球が佐伯選手の所に
飛んできたのですが、

浅村選手と同じように
一塁を踏む→本塁に送球
という流れに。

結果、3塁ランナーは
セーフになってしまいます。

当時、見ていた誰もが
何故?と思っただけに、
今でも記憶に残ってしまっている
プレーですね。

浅村選手と佐伯選手の前進守備の違い

今回の浅村選手のプレーと
佐伯選手のプレーが似ているので
ふと思い出した方が多いみたいですね。

ただ、この2つのプレーは
状況が全く違います。

まず、佐伯選手のケースは
1アウト満塁

定石だと、動画の解説の通り
すぐに本塁に送球すれば
3塁ランナーは自動的にアウト。

その後にもう一度、1塁に送球して
ダブルプレーを狙うのが
セオリーです。

一方、浅村選手のケースの場合は
1アウト3塁なので
3塁ランナーが走るかどうかは
その時の打球の結果次第。

1塁の浅村選手も、
3塁ランナーが走っているかどうか
確認した上で
打球を処理する必要があります。

しかもこの場合、打球が
かなり1塁寄りだったので

先にベースを踏んだ方がいいと
判断した上でのプレーでした。

結果的に点は入ってしまいましたが、
3塁ランナーがプレーの隙を伺って
ホームまで走った、という様子です。

浅村選手のプレーは、必ずしも
間違っていたというほどでは
ないように思えますね。

浅村選手と佐伯選手の前進守備まとめ

プレミア12の日本×アメリカ戦で
話題になった、浅村選手のプレーと
以前話題になった、佐伯選手のプレーを
比較してみました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です