フード、グルメ

奥土盛久のパン店や通販口コミ!物産フェアなら北海道以外でも買える!【情熱大陸】

10/13の情熱大陸では、北海道で
奥土農場を経営している
パン屋の奥土盛久さんが紹介されました。

奥土盛久さんの作るパンの原料は
小麦からバター、野菜に至るまで
全て北海道産です。

北海道にある羊蹄山のふもとで
噛むほどに味が出て、それぞれ味わいが違うのは
パンも人生も同じ
」と語る奥土盛久さん。

彼の作るパンは北海道でも評判が良く、
道内のあちこちで販売されています。

一方、北海道以外で
奥土盛久さんのパンを買うなら、
基本は通販や地方の物産展がメイン。

奥土盛久さんのパンを買うには
どのような方法があるのか?
詳しい情報をまとめました!

スポンサードリンク

奥土盛久のwikiプロフィール

名前:奥土 盛久(おくつち もりひさ)

生年月日:1950年8月27日

年齢:69歳(2019年10月時点)

出身:兵庫県神戸市

学歴:酪農学園大学 卒業

ライ麦パンなど20種類のパンを
手作りの石窯で製作している奥土盛久さん。

大学卒業後は農業研修を受けるため
ドイツに旅立つことに。

その後は3年掛けて
東ヨーロッパの各地を回り、

帰国後は、牛飼いになりたい!という
子どもの頃からの夢をかなえるべく、
北海道に移住。

しかし今のご時世、農業だけで
食べていくことは難しかったようで、

農業以外にもパンやベーコン作りも
スタートさせることに。

パン作りを始めた奥土盛久さんが
目指したのが、研修先のドイツで食べた
パンの味でした。

皮の黒い、ぽこんと割れるパンが
本当においしくて、忘れられない


と語る奥土盛久さんが
試行錯誤の末完成させたライ麦パンは、
北海道でも大人気です。

奥土盛久の作るパンのメニュー表

現在、奥土盛久さんが販売している
パンのメニュー表は以下の通り。

品名数量価格備考
ライ麦パン1個480円
自家栽培ライ麦 100%3枚320円
ライカンパーニュ1個480円
田舎パン1個460円
開拓者のパン1個 520円
黒豆パン1個480円
とうもろこしパン1個(※在庫不足)
かぼちゃパン1個420円
黒糖コッペパン2個入280円
フォカッチャ1個日持ちしない
ぶどうくるみパン1個520円
お楽しみミニパンセット①3種類630円・黒豆パン
・とうもろこしパン
・かぼちゃパン
お楽しみミニパンセット②3種類630円・玄米パン
・くるみパン
・かぼちゃパン
奥土農場お楽しみセット各1つずつ3000円
(※送料別)
・ライ麦パン
・ライ麦100%
・田舎パン
・ぶどうくるみパン
・お楽しみミニパンセット①
・お楽しみミニパンセット②

おすすめはやはり、奥土盛久さんが
子どもの頃から食べ続けてきたという
ライ麦パンでしょうか。
食べログ写真(ライ麦パン)

重さは約260g前後で、
食べ応えもありそうです!

かぼちゃパンもいい色をしていて、
かぼちゃの風味がしっかり
パン生地に練りこまれていそうです。
食べログ写真(かぼちゃパン)

↓の口コミにも書いてありますが、
開拓者のパンなんかも
ボリュームがありそうです!
食べログ写真(開拓者のパン)

好きなパンを単品で買うのもいいですが、
上のメニューを見る限り
「お楽しみセット」
一番コスパが良いですね!

北海道からだと、
送料も結構かかりますし。

奥土盛久の作るパンのお店、通販情報

奥土盛久さんは現在
北海道に住んでいるので、

彼の作るパンのお店も
当然ながら北海道にあります。

店名:奥土農場

住所:〒048-1542
北海道虻田群ニセコ町字近藤421

TEL,Fax:0136-44-1095

メールアドレス:
okutsuchi_farm@yahoo.co.jp

営業時間:10時~18時

定休日:不定休

奥土盛久さんの農場があるのは
北海道 ニセコ。
札幌からは車で2時間弱の距離です。

お店が北海道にある、というと
北海道に住んでいないと
なかなかパンは買えなさそうですが、

パンの通販でも販売しているので
道外の人でも買うことができます!

通販の注文は、

・郵便振替
・ファックス
・Eメール


のどれかで受付可能です。

ただ、番組の放送後は
注文が殺到する可能性が高いので
ファックスかEメールの方が良さそうです。

また、今の時期(10月中旬)は
冬支度の関係なのか
普段より発送が遅れるそうです。

ホームページによると、
今の時期に注文したパンの発送は
11月中旬以降になるという話。

また、北海道からの発送なので
少し送料が高め・・・なのも
ちょっと辛いところです。

ですが、パン自体は割とお手頃な値段ですし
冬の時期になるハムやベーコンも
売っているようです。

注文する場合は、パンのクオリティに期待して
気長に待つ方が良さそうですね!

その他詳しい情報は、奥土農場の
ホームページで確認を↓
奥土農場ホームページ

スポンサードリンク

奥土盛久の作るパンの口コミ、評判

奥土盛久さんのパンの口コミ、評判ですが
どのサイト、コメントを見ても
ほぼ全てが高評価です!

低評価は、グーグルマップで
何もコメントがないものが
一部あったぐらいでした。

出典:Twitter

今はどこにでも美味しいパン屋がけっこうあるけど、こちらも美味しいです。
フォカッチャが良かった。
5種類食べましたがどれも美味しかったです。
遠い場所から、わざわざ買いには行かないけど、ドライブなど通ったときは買いたいと思います。
お店の女性も感じがよくほっこりしたお店です。

出典:Google map

さっぽろ地下歩で、出張販売
今6月にたまたま通りかかった後志管内のご当地特産品(パンなど)を一同に会したイベントで、
かぼちゃパンや五穀パンなどを買いました。
帰宅後、そのパンたちを温めなおし、カリモチっの食感にしてから、美味しくいただきました。
忘れられない衝撃の美味しさ。
そのパン屋さんが、ネットか雑誌で見てから行きたかった奥土農場さんであったのです。
(↑食べログでもチェックしていた)
かねてより行きたかったお店と合致して驚きました。

ニセコに行った際はお店に訪問したいです。

出典:食べログ

隠れている農場のパン屋さん
ここは行ってみたかったパン屋さん。
ここも北海道のマイレビュアーさんからの情報だ。
場所、わかるかなぁ・・・と少し不安に思いながらクルマを走らせた。
道の駅ニセコビュープラザの少し先あたりの左側、、、???
ここでしょう、きっと、と左折。
すると羊蹄山がきれいに見えてきた。てっぺんにベールの様な雲がかかっていておもしろい。
見とれているうちにまたポイントを見失う。いったいどこなの??・・・
と思ってキョロキョロとしていると左手の畑の中に看板を発見。

石窯パン 奥土農場

農道をどんどん進んで行くと1軒の家がありました。
ここで営業されているのですね。
とてもわかりにくいところですが、パンは売り切れるとのこと。
根強いファンがいるのでしょう。

店内では若い女性の方にパンの説明をしていただきました。
酵母はライ麦やぶどうなどからおこした自家製天然酵母を使用。
材料はここの農場で収穫したライ麦、黒豆、トウモロコシ、かぼちゃ、じゃがいも
などを使用。レンガを積んだ石窯で高温で焼くため、強い酵母のおかげで
日持ちはよくなるとのことでした。
午前の時間でしたのでパンはたくさんありました。
明日持ち帰っても大丈夫なパンをお聞きして購入。

○開拓者のパン
 ハード系のパン。
 じゃがいも、ヨーグルトがはいっていてやや酸味のあるパンでしたが
 噛みしめていくとチーズの味わいに変化していくのが美味しかったです。

○かぼちゃパン
 ソフトなパン。かぼちゃのほのかな甘さを感じました。
 発酵バターをつけてパクパクといただきました。

どちらも自宅まで持ち帰り、翌日の朝にいただきましたが大丈夫でした。
 
こちらは店内でイートインもできるようでした。
窓にかかる緑のカーテンが陽射しを遮りこもれびがきれいでした。
見慣れないグリーンでしたので、この植物は?とおききするとホップとのことでした。
そのカウンターには家族の一員であったという犬の写真が置かれていました。

生活感の見える農家のパン屋さん、ゆっくりと時が刻まれている気がしました。

出店:食べログ

催事でちょくちょく札幌にきてますよー
女性にも大人気の、ハチミツを使った甘さ控えめ「ぶどうくるみパン」がうまいんですよ\(^-^)/

出典:トリップアドバイザー

ニセコにあるお店はもちろん、
北海道や地方の物産展でも
買えるみたいですが、

どこで売っているパンも
味は変わらず美味しいみたいですね!

他の生鮮食品と違い、パンなので
北海道以外に発送しても
味が落ちにくい、というのもあるのかも。

奥土盛久の作るパンは物産展でも買える!

北海道以外に住んでいる方が
奥土農場のパンを買う場合は
通販がメインの方法です。

ただ、数は少ないですが
北海道以外の物産展でも
奥土農場のパンは買えるそうです!

ここ最近(2019年)の出店情報はこの通り。

・11/1,2 札幌 東急百貨店
・11/6 京都 高島屋 北海道展
・11/6,9 札幌 きたキッチン
・11/9/10 札幌 札幌ドーム
・11/29~12/1 小樽 スイーツフェスタ


注目は11月6日の
京都 高島屋の物産展。

今はまだ詳しいイベント情報は
発表されていませんが、
今回のパン販売は数量限定だそうです。

買う場合は要チェックですね!

京都 高島屋
住所:〒600-8520
京都市下京区四条通河原町西入真町52番地
TEL:075-221-8811

奥土盛久のパン情報まとめ

10/13の情熱大陸で紹介された
北海道 ニセコでパン作りを営む
奥土盛久さんのパンの通販、
口コミ情報をまとめました!

26歳で一人北海道に移住し、
北海道産の原料を使った
ライ麦パンを作り続けている奥土盛久さん。

これからも美味しいパン作りを
続けて欲しいですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です