(New!)足利市山火事原因はタバコの火不始末か「両岸山東屋で休憩していた年配男性」目撃情報

奥野淳也の職業経歴「明治学院大学で時給2000円」マスパセ学歴東大卒?現在はバイト生活

奥野淳也サムネマスク着用拒否トラブル
マスク着用拒否トラブル

ピーチ航空でマスク着用を拒否したマスパセこと奥野淳也容疑者(34)。威力業務妨害で逮捕されたことで経歴などが公開され、職業は明治学院大学で時給2000円の大学職員であることが判明しました。

大学共通テストの鼻出しマスク49歳は左翼活動家か

奥野淳也(マスパセ)経歴は明治学院大学の職員

去年9月にピーチ航空でマスク着用を拒否し続け、飛行機を緊急着陸させた奥野淳也容疑者。騒動の後は自分で「マスパセ」と名乗りツイッターでマスク着用を抗議し続けていましたが、今年の1月19日に大阪府警によって逮捕されました。

逮捕されたことで氏名はもちろん、年齢や職業まで公開。以前から仕事は大学関係者では?と噂されていましたが、今回逮捕されたことで奥野淳也容疑者の仕事は「明治学院大学」の非常勤講師をしていることが明らかになりました。

格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション機内で昨年9月、マスク着用を拒否してトラブルとなり客室乗務員にけがをさせるなど迷惑行為を続けて運航を妨げたとして、大阪府警は19日、威力業務妨害と傷害、航空法違反の容疑で明治学院大の非常勤職員・奥野淳也容疑者(34)=茨城県取手市=を逮捕した。

出典:スポーツ報知

奥野淳也(マスパセ)学生相手のTAでドヤ顔

奥野淳也(マスパセ)は明治学院大学でどんな仕事をしているのか?大学のホームページには奥野淳也氏の名前があり、大学生相手に「特別TA(ティーチング・アシスタント)」をしていることが分かりました。

ここで出てきたTA(ティーチング・アシスタント)というのは、主に大学の授業などで教授の手伝いをする仕事。教授の研究室にいる大学院生、つまり先輩学生が教授の紹介で授業の準備や簡単な説明など、授業の補助をするのがメインの仕事です。

では奥野淳也(マスパセ)の「特別TA」という仕事は何かというと、その内容は学生のレポート作りのお手伝いでした。

明治学院大学の特別TAは奥野淳也(マスパセ)以外にも何人かいましたが、ホームページには、学生向けに書かれた奥野淳也氏本人のコメントが載っていました。

このコメントだけ見れば、学生思いの優しいお兄さんという雰囲気。しかし実際はこんな人物だったとは、奥野淳也(マスパセ)にレポートを教えてもらった学生もショックだったでしょうね。

【問題映像】ピーチ航空でマスク否定した乗客が降ろされる#ピーチ#ピーチ航空#peach#マスク#マスク否定#ケンカ#喧嘩#ヤクザ#やくざ#猫#ネコ#ねこ#犬#イヌ#いぬ#peach航空#コロナウイルス

奥野淳也(マスパセ)はピーチ航空でマスクを拒否して警察沙汰になった後に、旅行先のホテルバイキングでもマスク着用を拒否し、ホテル側とトラブルになったという話もあります。

奥野淳也(マスパセ)の本当の姿はクレーマーだった訳ですが、そんな人間でも文章だけなら人間性をごまかしながら、いくらでも立派なことは書ける。

ピーチ航空の騒動の後は「マスパセ」という名前でツイッターを開設。逮捕される直前までツイッターを連投していましたが、動画じゃなくて文章で投稿できるツイッターは、小手先の文章が上手いマスパセにとってはちょうどいいSNSだったんですね。

マスパセ

奥野淳也(マスパセ)のコメント
ゲームやスポーツ等でちょっとしたきっかけで急に上達する経験をいた人は多いと思います。同様に作文技術もコーチングを少し受けてみると自分の中で何かが目覚めるかもしれません。
書くことは大学のレポートに限らず、一生使える大切な自己表現手段です。書くことの面白さと大変さをこれから皆さん分かち合えればと思います。
専門は比較政治学(ヨーロッパ地域)ですが、地域研究から派生して国内外の旅行やB級グルメ探索も好きです。
完成品でなくても何でも気軽に持ってきて下さい。どうすればより良い文章になるか、一緒に悩み、迷い、考えましょう。

奥野淳也顔画像

奥野淳也(マスパセ)職業「時給2000円の非常勤職員」

逮捕されたことで、明治学院大学では特別TAをしていたことが分かった奥野淳也(マスパセ)。実際お給料はどれくらいなのか?と思っていたら、時給は2000円と判明。

これも大学ホームページからの情報ですが、去年の4月から募集していた特別TAの採用情報には「時給2000円」以外に「働くのは最大週2日」「雇用は1年だけ」という情報が。

奥野淳也(マスパセ)は感染が拡大しているのに、Go toを使ってあちこちで旅行三昧していましたが、たった週2日しか働いていないのならそれもできて当然。

しかも去年は感染拡大の影響で、日本中が自粛ムードだった1年。大学も休校やリモート授業が続いていたような状態でした。

対面授業すらまともにない中でわざわざ大学に行ってTAと直接会う学生が多いはずもなく。奥野淳也(マスパセ)は特別TAと言いつつ、実際はほとんどニートに近い状況だったのではないでしょうか。

奥野淳也(マスパセ)の学歴東大卒業はデマ?

今回明治学院大学の特別TAだったことが判明した奥野淳也(マスパセ)ですが、実際「奥野淳也」で調べてみると、検索結果にはなぜか「奥野淳也 東京大学」と出てきます。

実際、東京大学の大学院には本当に「奥野淳也」氏がいるのですが、奥野淳也(マスパセ)がピーチ航空の件で話題になったことで、一部では奥野淳也(マスパセ)が東大出身?という噂が流れていました。

奥野淳也検索結果

しかし実際そんなはずはなく、今回改めて調べてみたことで奥野淳也(マスパセ)が東大出身というのはデマ情報ということが分かりました。

(1月20日追記)その後の調査で、東京大学の「奥野淳也」氏はピーチ航空のマスパセ本人の可能性が高くなりました。詳しくは記事の続きにまとめています。

東大にいる方の奥野淳也氏の情報を調べてみたところ、東大大学院のホームページには奥野淳也氏が大学院(修士課程)を卒業する時に書いた論文が出てきました。
(補足:修士課程は、大学院へ入学後2年間通う課程。大学院の後半3年間を博士課程と呼ぶ)

題名は「都市のメタファーを用いたサイバー空間におけるユーザ行動の構造化」。日本語なのに意味が1ミリも分かりません。。。

一方で、明治学院大学のページに書かれていた奥野淳也(マスパセ)の大学時代の専門は「比較政治学」つまり文系学問でした。一方でこの論文の内容は「SNSのようなサイバー空間上での、ユーザーの行動を観察し、目に見える形で表現する」という、マスパセの語る専門分野とはかけ離れています。

専門は比較政治学(ヨーロッパ地域)ですが、地域研究から派生して国内外の旅行やB級グルメ探索も好きです。

出典:明治学院大学ホームページ

そもそもピーチ航空で暴れまわった奥野淳也(マスパセ)が東大だったら日本はもう終わり。。。と思っていたら、池袋ひき逃げの飯塚幸三は正真正銘、東大出身でした。

飯塚幸三の家族に誹謗中傷と報道「裁判前の同情狙いか」

東大出身だからといって人間的にアレな可能性は十分ある訳ですが、日本中で頭悪いトラブルを起こしまくっているマスパセが東大出身なわけがありませんでしたね。

(追記)東大大学院で奥野淳也氏が科研費を取得

(1月20日追記)コメントがありさらに詳しく調査したところ、今から10年前に奥野淳也氏が東大大学院に在籍し、当時研究に必要な科研費を取っていたことが明らかになりました。

こちらの画像は日本の研究.comという、日本人研究者の論文が検索できるサイトから手に入れた研究の情報です。その名前は「スウェーデンにおける参加・分権・市民社会・比較政治史的視座から」。

奥野淳也氏が明治学院大学のホームページで語っていた内容と比べると、「スウェーデン=ヨーロッパ地域」、「比較政治学」という内容が確かに一致。

奥野 淳也氏が科研費を取った研究内容
所属:東京大学 大学院法学政治学研究科 特別研究員(DC1)
研究:「スウェーデンにおける参加・分権・市民社会-比較政治史的視座から」
期間:2011年度~2013年度

この研究をしていた奥野淳也氏が東大大学院にいたのは2011年度~2013年度の間。当時の奥野淳也氏は「特別研究員(DC1)」という肩書きですが、これは大学院の後半3年(=博士課程)にいる人のうち、最初の1年生だけが申請できるものです。

しかし一方で、2012年度には修士論文を書いて無事卒業していることも事実。

ということは、奥野淳也氏は修士の論文と同時並行してこの研究を進め、修士課程(2年)が終わった後にこの研究で科研費を取ったということになります。

同時に2つも、しかも全く違うテーマの研究を進めるなんてできるのか?という疑問は残りますが、マスパセが明治学院のホームページに載せているコメントが本当なら、確かに東大大学院を卒業していることになります。

年齢の面で考えてみると、逮捕された奥野淳也(マスパセ)は2021年1月19日の時点で34歳でした。一方、大学・大学院にストレートで進学した時の年齢はこうなります。

・18歳 大学(4年制)入学
・22歳 大学(4年制)卒業→学士取得
・24歳 大学院(博士前期課程の2年)卒業→修士取得
・25歳~ 大学院(博士後期課程の3年)開始→特別研究員(DC1)

東大大学院の奥野淳也氏は、2013年度が終わった時点で25歳。そのまま年を重ねると2020年度が終わった時点で32歳になります。年齢の割には老けすぎと言われているマスパセは34歳なので、2年ズレていますね。浪人・留年なりしていたら2年ぐらいズレていても変ではありませんが・・・

おくのじゅんや顔画像

(追記)奥野淳也(マスパセ)、皇居でもマスク拒否トラブル

あちこちでマスクを拒否していた奥野淳也(マスパセ)、警察の調べで今度は皇居でもマスク拒否トラブルを起こしていたことが分かりました。

今の時期は感染拡大の影響で休止されている皇居ですが、マスパセが行った当時はまだ開放されていたんですね。何か皇室に恨みでもあったのでしょうか?

ピーチ・アビエーション機内でマスク着用を巡りトラブルとなり、威力業務妨害などの疑いで逮捕された奥野淳也容疑者(34)=茨城県取手市=が、昨年夏ごろ、皇居・東御苑の「三の丸尚蔵館」を訪れた際にも着用を拒み、トラブルになっていたことが21日、関係者への取材で分かった。

出典:共同通信
三の丸尚蔵館
出典:宮内庁

奥野淳也(マスパセ)バイト生活でヒマを持て余し旅行三昧

去年ピーチ航空で飛行機を緊急着陸までさせた奥野淳也(マスパセ)がどれくらいヒマ人だったのか。気になって明治学院大学のスケジュールを調べてみたら、想像以上にめちゃくちゃでした。

元々の大学スケジュールは、おおざっぱにこうなっていました。
・毎年4月~7月中ごろ→前期の授業
・8月~9月の下旬ごろ→夏休み
・9月下旬ごろ→後期の授業スタート

・クリスマス~年明け1週間→冬休み
・1/8ごろ~1月末→後期授業の続き
・2月~3月末→春休み

これが2020年度は、こうなっています。

・前期の授業→全てオンライン化、試験もなし
・6/30まで大学施設への立ち入り全面禁止
・9月からの後期授業→対面とオンラインの両方

奥野淳也の旅行

自粛や緊急事態宣言で学生もまばらな明治学院大学、元々週2勤務だった奥野淳也(マスパセ)の仕事はさらに少なくなっていたでしょう。

しかも特別TAの「学生のレポート指導」という仕事も、内容的にリモートで出来る部分も多い。自宅でリモート指導というパターンもあったと予想できます。

普通ならそのまま自宅で自粛するのですが、旅行が趣味というマスパセはそのヒマを使って旅行三昧。実際、奥野淳也がトラブルを起こしたピーチ航空の便も、大阪 関空~北海道 釧路の往復便。どう見てもただの旅行です。

奥野純也逮捕

逮捕されてもマスクをしない奥野淳也(マスパセ)が旅行の道中でマスクをしていたはずもなく。実際はマスクを持ち歩いていたと供述していますが、ただのお荷物状態。付けないマスクに意味はなし。

(1月20日追記)奥野淳也氏が逮捕された後の警察の調べにより「事件後はマスクを着けて活動していた」と供述していることが明らかになりました。騒動後、ノーマスク宗教を鞍替えしたのか・・・?

日本中が感染対策に大変な中、奥野淳也(マスパセ)はノーマスクでのんきに旅行を楽しんでいた訳ですね。一番悪いタイミングに一番最悪なことをしでかしたマスパセに向けた、キャビンアテンダントさんのこの冷たい視線がホント痛烈。

奥野純也蔑まれる

【関連記事】
大学共通テストの鼻出しマスク49歳は左翼活動家か
ピーチ航空で暴れた奥野淳也(マスパセ)、ツイッターで猛反論し炎上
北海道エアシステムでも男性がマスク拒否し強制退去、ツイッターで主張を始める

コメント

  1. 東大の修士論文画像の下に書かれてる社会文化環境学って文系ですよ?

    修士卒業が2012年度と言うことはニュースで言われている年齢(34歳)とも符合します。

    • ご指摘ありがとうございます。再調査したところ奥野淳也氏が東大大学院を卒業していたのは本当でした。
      記事タイトルと内容を修正します。

  2. 2012年度とは日本では一般的に2012年4月-2013年3月を指します。
    また、科研費は2011年度-2013年度となっています。これは2011年4月-2014年3月までです。
    つまり、当該修士論文の執筆者と科研費取得者は異なる人物なのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました