おはらい町が台風で冠水!?五十鈴川の氾濫で伊勢神宮やおかげ横丁は大丈夫?

ニュース
この記事は約3分で読めます。

12日から13日にかけて
日本に近づいている台風19号ですが、
12日昼の時点では上陸前にも関わらず
すでにあちこちで被害が出ています。

ニュースによると、三重県伊勢神宮の
近くにある五十鈴川も、台風の影響で
氾濫危険水位を越えています。

川の近くにあるおはらい町も、
水位上昇により冠水しているという
状況になっています。

伊勢神宮へのお参りついでに
立ち寄ることも多い
おはらい町、おかげ横丁ですが、

現地はいったいどういう状況に
なっているのでしょうか?

現在判明している情報や
現地の様子を調べてみました。

五十鈴川は水位が警戒レベル4

今回の台風19号により、
伊勢神宮の近くを流れている五十鈴川と
支流である矢田川の水位が急上昇。

現在はどちらも「警戒レベル4」になり、
周辺の道路などが冠水するという
状況になっています。

五十鈴川は午前8時20分に
水位が2メートル74センチを観測。

この時点で氾濫危険水位を
越えてしまいました。

一部の地域では床下浸水などの被害もあり、
消防隊が出動して
現地民の救助に当たっているようです。

警戒レベル4というと、
避難勧告が発令されるレベルですが
すでに三重県では

・伊勢市
・鳥羽市
・志摩市

などの全域に避難勧告が出ています。

おはらい町、おかげ横丁の浸水状況

伊勢神宮の近くにあるおはらい町、
おかげ横丁でも、五十鈴川の氾濫により
大きく影響を受けています。

普段のおはらい町、五十鈴川の様子は
このようになっていますが、

出典:Twitter(現在はリンク切れ)

台風の影響で水位が上昇し、
ここまで水が来ています。

出典:Twitter(現在はリンク切れ)

この様子だと、川沿いの家やお店は
完全に水に浸かってしまっていますね。

今後台風がさらに日本に近づくと、
さらに水位が上昇する可能性すらあります。
いったいどうなってしまうのでしょうか。。

また、ふだんは毎年10月のこの時期には
おかげ横丁で恵みの市という
伊勢神宮最大のお祭りが行われています。

伊勢神宮への奉納行列や、屋台などが出て
毎年盛り上がる行事なのですが、
台風19号の影響でこれも中止

もちろん安全上仕方がないことなのですが、
辛いですね。。。

伊勢神宮付近の冠水状況

おはらい町がこの様子だと、
近くにある伊勢神宮の状況が
一体どうなっているのでしょうか。

安全のため、12日の伊勢神宮への参拝は
午前7時で締め切られたようですが、
この時点で五十鈴川に降りる階段まで
水位が上昇していたようです。

出典:Twitter
出典:Twitter

早々に参拝を打ち切ったのは
懸命な判断ですね。

おはらい町、おかげ横丁と伊勢神宮の冠水状況まとめ

台風19号で氾濫している
五十鈴川の近くにある
おはらい町、おかげ横丁と
伊勢神宮の冠水状況についてまとめました。

この様子だと、台風が過ぎた後の被害も
かなりのものになりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました