(New!)旭川市いじめ自殺 廣瀬さあやさんツイッターが語る事件後の心境

中田翔巨人トレードの思惑「穴埋めと日ハム恩返し」反社疑惑も受け入れる首脳陣の戦略

中田翔巨人トレード理由はスモーク退団ニュース
ニュース

すべては巨人軍首脳の思惑通りなのか。

20日、日本ハムの中田翔選手の巨人トレードが決まったというニュースが流れました。相手のいない無償トレードとして決定した中田翔のトレードですが、中田翔と反社の繋がり、そして巨人 二岡が日ハムにトレードされたという事実があったから、中田翔の巨人トレードは「やはり」という声が出ています。

中田翔巨人トレードの布石「一塁手スモーク緊急退団」

中田翔選手は8月4日に行われたエキシビションマッチに出場。その際に井口和朋投手(27)への暴行がネット上で話題となったことで、日本ハム首脳陣からは自宅謹慎を命じられていました。

しかし20日に開かれた記者会見で、事態は一変。中田翔選手本人による謝罪の後、巨人への無償トレードが発表されました。1軍・2軍の試合への出場停止処分を命じられ、中田翔選手の復帰がどうなるのか注目が集まっていた矢先の出来事です。

しかも驚くべきことに、巨人へのトレード移籍ということで出場停止処分も解除。巨人 原監督も「明日(=21日)も練習は1軍でさせるよ」とコメントしており、事件を起こしてから1ヶ月足らずのスピード展開に、ファンの間では驚きの声が上がっています。

中田翔記者会見
出典:スポニチ

中田翔選手の扱いは、不倫騒動でロッテをクビになった清田外野手のことを思えば異例の出来事。なぜこんなに扱いが違うのか?その理由は中田翔選手を受け入れた巨人側の事情でした。

今年6月、巨人の助っ人外国人であるスモーク選手の退団・アメリカ帰国が決定。理由はウイルス感染により家族が日本に来日できないことによるものでした。5番を打っていたスモーク選手の成績は34試合で打率.272・7本塁打・14打点、なかなかの好成績で巨人にとっては痛手です。

スモーク選手が抜けた穴は巨人にとって簡単に埋められるものではなく、しばらくはウィーラー、中島、梶谷など外野手を巻き込んだポジション変更でしのいでいました。一刻も早くレギュラーを固める必要がある中、同じファーストである中田翔選手が問題を起こしたことは巨人にとって最大のチャンスでした。

巨人スモーク退団

中田翔巨人トレードの裏疑惑「反社との繋がり」

中田翔の巨人トレードを後押ししたとされる話はいくつもあり、反社との繋がりがあったというウワサもその一つです。巨人軍と反社に繋がりがあるというウワサは今に始まった話ではありませんが、最近になって中田翔も反社との繋がりがあるのでは?と言われています。

話の始まりは2021年1月、大谷宏幸という建設会社社長がカジノ店経営で逮捕されたことに遡ります。新潮によると、逮捕された大谷宏幸容疑者は、カジノ店を経営して得た利益を暴力団に流したとされていますが、大谷宏幸容疑者のインスタグラムには中田翔選手とのツーショット写真が残されていました。

問題のインスタは現在削除されていますが、新潮が公開した写真には「日ハムの練習風景、中田選手、西川選手、いつもありがとうございます」のコメント付きでいます。しかも写真の場所は選手が発行する特別パスでしか入れない場所ということから、中田翔選手と反社の繋がりがあることはほぼ確実とされています。

中田翔巨人トレードの「二岡不倫トレードの前歴」

中田翔選手の巨人トレードの背景には、山本モナとの不倫騒動で巨人を追い出された二岡選手のトレードもあります。二岡選手は2008年7月に山本モナとの不倫が報じられ、9月にはケガで2軍落ち。シーズン終了後の11月には日本ハムへのトレードが決まりました。

流れるように日本ハムへの移籍が決まった二岡選手のトレードですが、当時の巨人監督も原監督。さらに二岡トレードの時の日ハム監督は梨田監督であり、2人は今回の中田翔トレードの際にも連絡を取りあったということが分かっています。

さらに二岡不倫騒動の時に同席していた矢野選手も、その7年後に日ハムへ移籍。トレードが遅れたのは矢野選手がケガをしていたためだと言われていますが、日ハムと巨人の間では問題を起こした選手をお互いトレードする関係がすでに出来上がっていたのでしょう。

二岡日ハム入団

中田翔巨人トレードの思惑「復活すればもうけもの」

中田翔にとっては一件落着と思われる巨人へのトレードですが、一方で巨人は6日付で新たに助っ人外国人のハイネマン外野手を獲得しています。ファーストも守れるハイネマン外野手を補強した理由は、明らかにスモーク選手の抜けた穴を埋めるためのものでしょう。

ハイネマン選手が即戦力になるかどうかは賭けですが、不振にあえいでいる中田翔選手は言ってみれば予備のようなものなのでしょう。中田翔選手が心機一転して復活すればよし。もしそうならなくてもハイネマン選手は走攻守揃った万能型、最低限穴埋めぐらいはしてくれるだろうと見込んでいるのでしょう。

巨人にとってみれば、中田翔選手の無償トレードは一石二鳥。ファーストの穴埋めにも使えるだけでなく、二岡不倫騒動でできた日本ハムへの借りを返せるというオマケつき。巨人首脳陣の思惑通りに進んだ中田翔のトレードですが、巨人のファーストはいったい誰におさまるのでしょうか。

中田翔巨人トレード
出典:NHK

コメント

  1. 反社とヤクザだらけの狂人軍

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました