(New!)足利市山火事原因はタバコの火不始末か「両岸山東屋で休憩していた年配男性」目撃情報

森喜朗オリンピック会長「ウイルス感染で儲かって仕方ない」失言で中止も間近?

森喜朗元首相ニュース
ニュース

オリンピック組織委員会の森喜朗会長がまた失言で炎上していますが、森元首相の失言での炎上は今に始まった話ではありません。

過去には「ウイルス感染の影響で儲かって仕方ない」と発言していたことも明らかになりました。

森喜朗会長「ウイルス感染で儲かってしょうがない」

森喜朗が問題発言をしたのは、2020年末にホテルニューオータニで行われたという大物議員の政治資金パーティー。

パーティーにVIPとして出席した森喜朗会長は「ウイルス感染は最高!儲かって仕方ありません」などと発言していたことが判明しました。

関東・関西では未だに緊急事態宣言が出て自粛を迫られている中、この発言は不謹慎以外の何物でもありません。

当日の会場には政治家たちだけでなく、テレビ局のカメラや記者たちもいたそうですが、森喜朗オリンピック会長のこの発言がニュースに取り上げられることはありませんでした。

そして、会場には何台ものテレビ局のカメラと何十人もの記者がいたのに、その発言をどのマスコミも取り上げなかったことにもびっくりでした。いくらなんでも忖度しすぎでしょ・・・。

「みなさん、それにしてもウイルスはいいですね!こうしてパーティーを開いても、飲み物も食べ物も出さなくていいんですから。儲かってしょうがないですよ」
森元首相は、こうおっしゃったのです。

森元首相の発言

森喜朗オリンピック会長「子ども生まない女性は不要」

今回は「女性がたくさん入っている会議は時間がかかる」で炎上している森喜朗オリンピック会長ですが、森喜朗氏が女性を差別する発言を繰り返しているのは今に始まった話でもありません。

例えば2007年には、富山県で新幹線の新しい駅を建設することに反対して当選した滋賀県の嘉田(かだ)由紀子知事を「オンナは視野が狭い」と批判しています。

森喜朗元首相が、新幹線新駅の建設凍結を掲げている滋賀県の嘉田由紀子知事について「ああ女の人だなあ。やっぱり視野が狭いなあ」と発言した。

「失言」ともいえる中身を受けネットでは、「男か女かは関係ない」「小池(防衛)大臣が就任したばかりなのに」「滋賀県の有権者を冒とくしている」といった批判が出ている。嘉田知事を応援している社民党滋賀県連合も激怒している。

森元首相の発言4

さらに森喜朗氏が総理大臣を辞職し、小泉純一郎氏が首相をしていた2003年には「子どもを産まない女性を税金で面倒みる必要はない」と発言。

結婚・子育てしない女性に税金はやらない、つまり日本にそんな女性は要らないと言っていることにも等しいこの暴言。

今調べてみても当時はニュースにこそなっているものの、当時(2003年)はまだスマホもツイッターもない時代。批判はあっても炎上ということにはならず、そのうちほとぼりも冷めてしまった模様です。

少子化問題討論会 森前首相が暴言
森喜朗前首相が「子どもを一人もつくらない女性が、年とって税金で面倒みなさいというのはおかしい」と、個人の結婚や出産の自己決定権を認めず、女性を差別する暴言をしていたことで、女性団体などから批判の声が集まっています。

森喜朗オリンピック会長の失言で東京五輪も中止?

首相時代から失言が絶えなかった森喜朗オリンピック会長ですが、何度も何度も失言をくり返す森喜朗氏には、国際オリンピック委員会(IOC)もお冠状態です。

IOCは21日に各委員との電話会議、22日と25日には各国・地域オリンピック委員会(NHC)、各国際競技連盟(IF)とそれぞれ会議を行った。その出席者から「森が日本で発言するたびに状況が悪くなる」「国民への誠意がなく、言葉が足りなすぎる」「自ら首を絞める発言ばかりだ」とクレームが殺到。

出典:Yahooニュース(東スポWeb)

オリンピック会長になってからの森喜朗氏の批判は、ウイルス感染にも関わらずオリンピックを強行開催しようとする姿勢に集中していました。マスコミがスルーし続けたのかもしれませんが。

しかし今回報道された森喜朗氏の女性への差別意識は、国際的に見ても大問題。

IOCも森喜朗氏の行動を気にしている中、今回の女性差別の発言が耳に入れば東京オリンピックの中止という話にも発展しかねません。

森喜朗元首相
出典:毎日新聞

コメント

タイトルとURLをコピーしました