北井小由里の顔画像特定!芦屋大学でアメリカ留学「英語タイピング達成感ある」イタリア公園乳児遺棄事件の全ぼう

ニュース

2019年の東京イタリア公園で土の中から乳児の遺体が出てきた事件で、神戸市西区の大学に通っていた北井小由里容疑者が逮捕されました。北井小由里容疑者の顔画像や大学、フェイスブックや事件の経緯など関連情報の全てをまとめています。(新しい情報が入り次第追記、訂正していきます)

(動画)北井小由里容疑者逮捕で顔画像が特定

警察の執念により、乳児の遺体が埋められてから1年が経ってから北井小由里容疑者が逮捕されました。ニュースで報道された顔画像はこちらです。北井小由里容疑者の逮捕時の年齢は23歳となっていますが、こちらは北井容疑者が大学生だった当時の顔画像です。

北井小由里容疑者

現在は神戸市在住で衣料販売店に勤務しているとのことですが、大学生の時はかなり濃いめの化粧だったようですね。目元のマスカラやネイルもバッチリ決めています。ギャル系のアパレル店員でもこういう人はよく見かけます。

北井さゆり容疑者の大学2年生当時の写真が入手できました。こちらは北井さゆり容疑者がハワイに留学中だった当時の画像です。遠目の写真ですが化粧は全盛期と比べると控えめですね。

北井さゆり容疑者顔画像

それから時が経ち、北井小由里容疑者が先日逮捕された時の映像・顔画像がこちらです。さすがに社会人だからなのか化粧は大学生の時と比べると控えめですが、逮捕されていてもマスクから見える目元などにはしっかり化粧をしています。

北井さゆり容疑者の顔画像
北井小由里容疑者顔画像
東京・港区の公園に乳児遺体 神戸市に住む母親逮捕(2020年11月2日)

別のニュースでは車の前でポーズを決めた顔画像が公開されていました。化粧が薄くなっているので社会人になってから撮った写真でしょう。

つまり子どもを公園に埋めた後に撮影した写真ということになります。逮捕時と比べると髪も明るく染め直し、大学当時のギャル系の雰囲気に戻りつつあります。

見た目は美人ですが、子どもをトイレの個室で産んで埋めたという事件の恐ろしい内容とのギャップがすごいですね。子どもを公園に埋めてから丸1年の間は逮捕されず普通に生活していたわけですが、逃亡生活中とは思えないような笑顔の写真です。

北井さゆり顔画像

北井小由里容疑者の大学が芦屋大学と特定

北井小由里容疑者の住所は神戸市西区押部谷町和田と報道されていましたが、事件当時に北井小由里容疑者が通っていた大学はどこなのでしょうか?

犯行当時の北井小由里容疑者私立大学の4年生だったことは判明しています。しかし関西の大学に通っていることは予想できるものの、どの大学に通っていたのかは現在特定されていません。

北井小由里容疑者の住んでいた場所は神戸市西区の中でもかなり北の山の中。このあたりは電車もあまり通っておらず、交通の便がいいとは言えない場所です。

唯一の最寄り駅である西神中央駅は神戸市地下鉄の駅ですが、西神中央駅から3つ離れた学園都市駅にの回りにはいくつかの大学が並んでいます。この大学のどこかに通っていたのか?

学園都市駅周辺の大学

学園都市駅の周辺にある大学はこちらです。この中に北井さゆり容疑者の通っていた大学があるのでしょうか。

・流通科学大学
・神戸市看護大学
・兵庫県立大学
・神戸市外国語大学
・神戸芸術工科大学

(11月2日追記)北井小由里容疑者のFacebookアカウントが特定され、大学は芦屋大学であることが判明しました。北井小由里容疑者の住所と同じ兵庫県内の大学ですが、住所の神戸市西区からは片道2時間も離れている大学です。毎日通うにはかなりシンドい。

北井さゆりの出身大学(芦屋大学)

芦屋大学は兵庫県の中でも山の上にある大学で、北井さゆり容疑者の自宅からは電車とバスを乗り継いでようやくたどり着ける場所にあります。

山の上にあるのでキャンパスからの眺めはよく校舎もキレイなのですが、キャンパスの中だけでもこんなに標高差があるような場所。大学の中を歩くだけでも大変です。

北井小由里容疑者の自宅がある神戸市西区押部谷町和田からは、電車で3駅いけばいくつも大学があるのになぜわざわざこんな遠くの大学に通っていたのか?不思議に思って芦屋大学の偏差値を調べてみたところ、偏差値はなんと35でした。

予備校が出している偏差値ランキングで一番低いのは偏差値32なので、芦屋大学は全国レベルでみてもかなり低レベルな大学です。「芦屋」という地名は全国でも有数の高級住宅街として知られていますが、同じ「芦屋」でも世間の評価は月とスッポンです。

北井さゆり容疑者がわざわざ芦屋大学に通っている理由は、ごくごくシンプル。そこしか受かる大学がなかったからなのでしょう。トイレで子どもを産むような人間が、勉強が得意だったとも思えません。

北井さゆり容疑者のフェイスブックが発見される

北井小由里容疑者のフェイスブックやインスタ、ツイッターなどのSNS情報について確認してみましたが、犯行から1年以上経っているからかアカウント情報は今のところ見つかっていません。

いかにもSNSを使いこなしていそうな女子大生がSNSを全く使わないとは考えにくいので、情報が漏れることを恐れて削除したのでしょうか。

犯行当時は就活中だった北井小由里容疑者。最近は企業の人事も就活生のSNSを調べるのが当たり前と言われているだけに、就活に備えてアカウントも整理・削除していたのかもしれません。

(追記)北井小由里容疑者のFacebookアカウントが発見されました。ほとんど使っていなかったようですが、名前が一致しニュースで報道されていたのと同じ画像が見つかっています。

Facebookのトップ画像は芦屋大学に在学していた当時、ハワイへインターンシップに行った時に撮影していた画像。大学ホームページにも同じ画像が掲載されていました。

北井さゆり容疑者のFacebook

(追記)2年生の時にハワイ留学に行っていたことが判明

(11月2日追記)北井さゆり容疑者の出身大学である芦屋大学のホームページを確認したところ、北井小由里容疑者が2年生の時にハワイ留学に行っていた事実が判明しました。

(ニュース報道後、大学のページは削除されていました)

北井さゆり芦屋大学当時の画像

8日目からJOB SHADOWINGが始まり、私は、国際交流センター長のナラリーさんの秘書として仕事をしました!
ひたすら英語でのタイピングで、なんと芦屋大学の資料を英語で作りました!!
4時間ひたすらタイピングで大変だったけど、終えた時の達成感はとても良いものでした!
普段はできない貴重な経験ができてとても良かったです!!  (北井)

北井小由里容疑者のフェイスブックで公開していた画像はこの留学中に撮った写真のようです。2週間の留学の感想が「英語で資料を作って達成感があった」というのは、果たして留学した意味があったのか・・・

しかも北井小由里容疑者が通っていたハワイ大学は、芦屋大学が提携している大学ではありませんでした。つまり大学の紹介などではなく、自分で(親に払ってもらって?)留学したことになります。

芦屋大学は海外の4つの大学と提携しています。
⓵セントマーティンズ大学(アメリカ・ワシントン州)
⓶聖潔大学校(韓国・安養市)
⓷湖西大学校(韓国・忠清南道)
⓸寧波大学(中国・浙江省寧波市)

出典:芦屋大学ホームページ

普通の人が自腹で留学していたら「勉強熱心な人だな~」と思うのですが、2週間の留学の感想が「英語タイピング大変だった」で終わっている北井小由里容疑者がそんな気持ちで留学したとは到底思えません。

就活に備えて「アメリカへの留学経験がある」という肩書きが欲しかったのか?半分以上旅行のつもりでもちゃんと課題をこなして帰ってきただけ、まだ偉いのかもしれません。

北井小由里容疑者はイタリア公園に乳児を遺棄

北井小由里容疑者が乳児の遺体を埋めたのは東京都港区のイタリア公園。逮捕の時に報道された住所の神戸市西区からは大きく離れた場所です。

現場の公園は新橋駅と浜松町駅のちょうど真ん中にある線路沿いにあり、すぐそばには浜離宮の庭園があります。

神戸から東京だと新幹線で片道4時間近くかかりますが、ニュースによると北井小由里容疑者は就活のため飛行機で羽田空港に行った後、トイレで赤ちゃんを出産しイタリア公園に埋めたことが判明しています。

北井小由里容疑者が出産したのは女児。生後まもなく殺害された赤ちゃんは公園の植え込みに埋められ、頭の右側と腕の一部が土から出た状態で発見されました。

これだけ犯行現場と犯人の住所が離れていると、犯人を特定するのも簡単ではなかったはず。イタリア公園で乳児の遺体が発見された当時も、警察の捜査は難航していたようです。

東京・港区 乳児遺体発見から1週間…元刑事が指摘

現地のイタリア公園を見てみると、公園とは言っても全然広い公園ではありません。人一人隠れられるような場所すらなく、公園というよりは庭という方がイメージに近い場所です。

北井小由里容疑者が公園の回りに設置された監視カメラに映っていたことが逮捕の決め手だったとのことですが、なぜこんな場所をわざわざ選んだのか?

北井小由里容疑者の乳児遺棄は就活のついで

北井小由里容疑者は羽田空港を使っていたとのことですが、羽田空港から東京方面へ向かうには羽田空港から東京モノレールに乗り、途中の浜松町駅で京浜東北線に乗り換える必要があります。

発見当時の赤ちゃんの口の中にはティッシュが詰め込まれており、死因はそのティッシュによる窒息死ということが分かっていますが、赤ちゃんにはへその緒もついたままでした。元刑事の吉川裕二さんが語る通り、出産当時の北井小由里容疑者はかなり慌てていたことが想像できます。

東京には就活のために来ていた北井さゆり容疑者。その日も説明会や面接などのスケジュールがいっぱいだったのでしょう。時間に余裕もない中、とりあえず赤ちゃんの遺体を紙袋に入れて電車の乗り換えついでにイタリア公園に埋めたのではないでしょうか。

北井小由里容疑者は生まれて間もない赤ん坊を自分の都合で容赦なく殺して、その後も何食わぬ顔で就活を続けていたことになります。しかし東京での就活には失敗し、結局は地元神戸に戻っている。その図太さは就活では評価されなかったようです。

北井さゆり容疑者のイタリア公園乳児遺棄事件の全ぼう

ここでは北井小由里容疑者が起こした乳児遺棄事件の情報をまとめています。

2019年11月8日、東京・新橋のイタリア公園で生後間もない乳児の遺体の一部が土の中から出ているのを通りがかった保育園児が発見し、警察に通報。遺体は横向きに埋められ、頭の右側と腕の一部が土から出た状態だった

赤ちゃんは衣服を身に着けておらず、へその緒がついた状態で口にはティッシュが詰め込まれていた。死因は気道をふさがれたことによる窒息死で、警視庁は出産後に犯人が赤ん坊を殺害して公園に遺棄したといて捜査を開始

公園周辺の防犯カメラに紙袋を持った北井小由里容疑者が映っていたことから逮捕される

(追記)イタリア公園乳児遺棄事件の経緯まとめ

(11月12日追記)

事件の経緯
2019年9月
・北井さゆり容疑者が産婦人科を受診。医師から妊娠を告げられる
・クリニック院長「(同容疑者は)妊娠した時期について明らかにうそをついていた。(妊娠を告げた際にも)驚いたり、喜んだりしている様子はなかった」

2019年11月3日
・北井さゆり容疑者、飛行機内で激しい腹痛に襲われる
・午後4時ごろ、羽田空港のトイレで女児を出産
・女児の口にティッシュを詰め、首を絞めて殺害し遺体を紙袋に入れる
・イタリア公園に女児の遺体を捨てる
・宿泊先のホテルで一泊

2019年11月4日
・飛行機で兵庫県の自宅に帰宅

2019年11月8日 午前10字45分
・通行人の保育士女性と保育園児がイタリア公園で乳児の遺体を発見
・保育園の園長を通じて警察に通報

2019年11月 事件後
・知人女性「体調は普通で、苦しそうな様子はなかった。口数は少ないが笑顔で受け答えしていた」

2020年11月2日
・警視庁捜査一課が北井さゆり容疑者を死体遺棄容疑で逮捕
・警察は殺人の疑いでも捜査

2020年11月11日
・警察は北井さゆり容疑者を殺人の疑いで再逮捕

(追記)北井さゆり容疑者の供述コメントまとめ

(11月12日追記)

事件について
・「遺体を公園に埋めたことは間違いない」

妊娠していたことについて
・「就職活動のことしか考えられなかった」
・「資金面に余裕がありませんでした」
・「妊娠したことを誰にも話していなかった。救急車を呼ぼうとしたがすべてが終わってしまうと思い呼べなかった」
・「シングルマザーとして子どもを育てることも考えたが就職活動に影響すると思った」

赤ちゃん死亡の経緯について
・「航空機の中で激しい腹痛に襲われ、着陸後に急いで空港のトイレに行って出産した」
・「口にトイレットペーパーを詰めたが、泣き止まなかったので首を絞めた」

公園に死体を遺棄したことについて
・「捨てるなら公園だろうと考えた」
・「宿泊先で近くの公園を検索し、一番に目についた」
・「手で穴を掘って埋め、土をかけて隠し、立ち去った」
・「赤ちゃんには申し訳ないことをした」

動機について
・「赤ちゃんがいると、わたしの夢がかなわないと思った」

将来の夢について
・「キャビンアテンダント難しそうなので、まずは空港内で働いて、いずれキャビンアテンダントになりたい」

コメント

タイトルとURLをコピーしました