(New!)旭川市いじめ自殺 廣瀬さあやさんツイッターが語る事件後の心境

旭川いじめ事件犯人が減刑?「母親が裁判」特定と誹謗中傷で加害者は第2の飯塚幸三となるのか

廣瀬さあや旭川いじめ事件と飯塚幸三サムネ廣瀬爽彩(さあや)中学校いじめ事件
廣瀬爽彩(さあや)中学校いじめ事件

旭川いじめ事件の再調査、廣瀬爽彩さん母親の裁判の行方はどうなるのか。

廣瀬爽彩さんいじめ事件の犯人への特定や誹謗中傷が止まぬ中、廣瀬爽彩さん母親が裁判を起こすという話が出てきました。今まで散々ネット上で晒されてきた加害者達は、池袋ひき逃げ事件の飯塚幸三のように「私刑を受けたから減刑」となってしまうのでしょうか。

コレコレ生配信に旭川いじめ事件の被害者母親がコメント

旭川のいじめ事件が文春砲で発覚して以来、ネット上での犯人特定は止まることなく加害者グループの一部の人間の個人情報は完全に特定。

そんな中、旭川いじめ事件を何度か取り上げていたコレコレに、いじめ被害者である廣瀬爽彩さんの母親が連絡を取っていたということをコレコレ本人が話していました。(動画8:10~)

被害者の廣瀬爽彩さんはYoutuberのお悩み相談に何回か顔を出していたことが分かっています。コレコレもその1人ですが、前にも旭川いじめ事件を話題に出したことで、いじめ事件の関係者にも確実に名前は広まっている様子です。

廣瀬爽彩さん母親の目的は、未だにネット上で拡散されている廣瀬爽彩さんの問題の動画の入手元を特定すること。話によると廣瀬爽彩さんの母親は裁判を起こすと言うことですが、旭川いじめ事件が世間で話題になったことで、事態が大きく動きました。

(5月1日追記)しかし一方で、コレコレに連絡を取った母親が本人なのかはかなり怪しい。加害者グループの誰かが母親の名前を騙った可能性が高いです。

Facebookを更新したきり、何のメッセージも発信していない廣瀬爽彩さんの母親がなぜこのタイミングで、しかもYoutuberのコレコレに頼るという行動を取ったのか?不審な点が多すぎます。

【関連記事】旭川いじめコレコレ配信で加害者が母親騙りの可能性浮上

コレコレ生放送

Youtuber折原が旭川いじめ事件犯人A子に連絡を取り逮捕

一方で、コレコレ生配信でも紹介されていましたが、旭川いじめ事件の現地に凸するYoutuberも現れ、逮捕者も出る事態に発展しています。

現在、犯人のうちA子、B男は卒アル写真が流出、さらに中卒で働いているとされるA子は現在の職場や顔画像まで特定され、まるで指名手配犯のような扱われ方になっています。

この情報を聞きつけたYoutube折原は旭川市に乗り込み、いじめ事件の起きた学校の教頭や校長の自宅をネット上にup。さらに顔が割れているA子にインスタでメッセージを送るなどの行為により、ついに逮捕されました。

旭川いじめ折原Youtuber逮捕

Youtuber折原の逮捕容疑は強要未遂ということですが、たったこれだけの理由で逮捕され、実名まで晒されたYoutuber折原。

旭川いじめ事件が起きた時の警察対応と比べると、やけに警察の動きが早いですね。やはり裏を感じさせる出来事ですが、良くも悪くも地上波のニュースになったことで、旭川いじめ事件が取り上げられる機会も増えた。

しょせんは売名行為という声もありますが、一応は旭川いじめ事件を表沙汰にしたYoutuber折原。迷惑系Youtuberでもほんの少しは役に立った、レアなケースです。

【関連記事】廣瀬爽彩さん北星中学校校長「女子生徒の妄想」いじめ事件を無視し謝罪対応拒否

youtuber折原

参議院決算委員会で旭川いじめ事件が取り上げられる

文春砲をきっかけに大炎上した旭川いじめ事件は、ついに国会でも取り上げられました。事件は維新の音喜多 駿(おときた しゅん)議員が取り上げ、全部で10分ほど議論されています。(動画 4:00:25~)

「いじめ事件は、学校が関わっていくことで被害者児童の自〇を止められるタイミングがある。今回の場合、女子児童が川に飛び込んだというのがそのタイミングの1つだ。
しかし学校側は話し合いの場で弁護士の同席を拒否した。」

「学校側が被害者児童に寄り添い、適切に対応していれば女子児童の自〇は防げたと考えられる。一連の学校の対応について、大臣はどのようにお考えか。」

旭川いじめ事件加害者特定班「ゴールはどこ?」

旭川いじめ事件が国会でも取り上げられたことで、ネット特定班の動きにも変化が出てきました。いままでひたすら犯人たちの身元を特定、特定とやる気になっていた特定班ですが、ここに来て意見が真っ二つに分かれています。

現実的に考えてのこれのゴールって主犯格の顔が割れて親が職失ってお母さんが裁判で勝って校長教頭が消えて法律が変わる こんなもん?

旭川いじめ事件特定終息1

片方は今まで通り、犯人グループをどこまでも特定、どこまでも晒してとことんまで追い込もうという過激派。

執ように加害者たちを追い込んで社会的に〇そうという、いわゆるYoutuber折原と同じような意見です。

ゴールってあるの?
加害者 加害者遺族(親族?) 学校関係者全部〇刑になってもなんも気持ちは晴れないわね?
だから終わらないわね

旭川いじめ事件特定終息3

一方で、廣瀬爽彩さん母親が裁判をするという情報がでたことで「裁判の邪魔にならないように、特定は止めた方がいい」という反対意見も、当然出ています。

訴訟がマジならネット民も晒しは待った方が良いと思う。加害者どもに被害者の立場を与えるのは良くない。まともに裁判やったら勝ち目ないんだしネットの私刑を理由に被害者面して論点ずらしをする可能性大。

旭川いじめ意見特定終息4

旭川いじめ事件は第2の池袋ひき逃げ事件?

「被害者の立場を与えないように」というのは、つまり「加害者どもを晒して誹謗中傷したりしないように」という意味。だんだんと旭川いじめ事件は池袋ひき逃げ事件と似たような状況になりつつあります。

池袋ひき逃げ事件でも、被害者が悲惨な目に遭い、加害者の飯塚幸三は上級国民で隠ぺい工作が出回っている。

そのせいで加害者(犯人)がネット上で大炎上、誹謗中傷も出てくるせいで加害者が減刑される?という話まで出てくる始末です。確定ではないものの、本当にそんな事になる可能性もゼロではない。

今回の旭川いじめ事件も、ほとんど同じ状態。しかも廣瀬爽彩さんが加害者たちにオモチャ扱いされ、今でも名誉が傷つけられていることを思えば、犯人達の邪悪さは飯塚幸三よりもさらにひどい。

「加害者にも未来がある」「学校は責任は負えない」「正直、何も思ってなかった」どれも文春のフレーズですが、煽り文句でも何でもなくこんなセリフが次から次へと出てくるのが今回の加害者側、学校側。

だからと言って特定、自宅に凸撃して嫌がらせ、ネットで誹謗中傷すれば逆に犯人たちを庇ってしまうことにもなりかねない。本当にやり切れない話、この気持ちをどこに持って行けばいいのか。。。

飯塚幸三パニック化

【関連記事】
旭川いじめ加害者の実名特定に新展開「文春の記事にはウソがある」ふつざわしゅん氏指摘
旭川いじめコレコレ配信で加害者が母親騙りの可能性浮上
旭川いじめ事件加害者仲間割れでA子の情報リーク?「A子とは付き合うな」
廣瀬爽彩さんのツイッター発見「中学校に行きたい」その孤独な胸の内

コメント

  1. あなたの考えは混乱しつないる。いじめ隠蔽がなぜ行われたのかの解明することで、旭川は変わります。学校のいじめ件数が少ないことを評価する事をやめること。教育委員会の改善。いじめ問題の対応には、教師上がりの人物をいれず、弁護士と一般職員に担当させること。第三者委員会は旭川以外の専門家をいれること。また、加害者の名前を公表し、カウンセラーの力を借りて教育すること。子どもにも未来がありますが、放置するとワルになるだけで、全うな人生をおくっていません。人を自殺に追い込んだわけですから、当然厳しくお灸をすえる必要があります。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました