肘折温泉が大雨で洪水発生!銅山川ライブカメラ動画と現地画像

ニュース

7月28日に発生した大雨の影響で、山形県大蔵村の肘折(ひじおり)温泉付近にある銅山川洪水が発生。その結果、付近の住宅では床下浸水が発生し住民約250人が村内に孤立するという事態になっています。

ニュース速報によると少なくとも4棟が床下浸水し、各所で土砂崩れによる道路の通行止めも発生。しかも国道だけでなく、災害発生時にう回するための迂回路まで通行不能になっており、そのせいで温泉街との行き来もできない状況になっている模様です。

肘折温泉の場所や銅山川の水位上昇の様子

肘折温泉のある山川県最上郡、大蔵村では28日の15時~16時前後にかけて、全部で4つの地区(塩地地区、熊高地区、通り地区、肘折地区)で避難指示、それ以外の全地域では避難勧告がすでに出されています。

肘折温泉の普段の様子

普段の肘折温泉の様子と比べると、銅山川の水位が橋のすぐ下まで上昇していることが一目で分かります。肘折温泉の温泉はその多くが銅山川に面していることから、川の氾濫による被害がふつうより大きくなることが予想されます。

秘湯!山形県肘折温泉特集。開湯1200年以上の歴史があり、風情あふれる温泉郷「肘折温泉郷」をご紹介。地元の野菜、果物などが持ち寄られる朝市も魅力の一つです!【ハシュカリ#337 肘折温泉郷】
出典:Youtube

肘折温泉に行った人の多くが訪れるそば屋「寿屋」は橋のすぐそばにあり、普段はこんな状態です。

このそば屋はこちらの動画左端に映っている建物ですが、銅山川の水位上昇により昼の時点ですでに浸水してしまっています。この建物の住人は昼の時点ですでに避難済であることがツイッター上で報告されています。

そば屋「寿屋」が現地の様子をツイッター、インスタで中継

この投稿をInstagramで見る

避難します。

肘折温泉 そば処寿屋(@kotobukisoba)がシェアした投稿 –

夜になって水位は少し落ち着いてきたようですが、銅山川にいくつ架かっている橋のうち、肘折温泉よりも下流側にある「金山橋」がこの氾濫により崩壊してしまったという情報も。

コメント

タイトルとURLをコピーしました