東山凛太朗(竹内恒雄)ブログの薬物死説はデマか本当か?結子さん従兄弟の情報を検証

竹内結子・三浦春馬さんら自殺の理由

27日朝に女優の竹内結子さんが自殺したという衝撃のニュースが流れた翌日、28日に彼女の縁戚(身内)と名乗る東山凛太朗(竹内恒雄)氏が、自身のアメーバブログで竹内結子さんの薬物死を暴露。

大手テレビ局が自殺を発表したものの、三浦春馬さん自殺の時と比べても不審な点が多いことからネットでは他殺説なども出始めていた矢先の出来事でした。

突如降って沸いた薬物死説ですが、東山凛太朗氏は竹内結子さんだけでなく、その前に亡くなった三浦春馬さん、芦名星さんまで薬物死だということまでブログに書いています。

東山凛太朗氏とはいったいどんな人物なのか?そして彼の語る竹内結子さんらの薬物死説が本当なのか?現在判明している情報をまとめて検証しています。

(9月29日追記)東山凛太朗氏が薬物死を告発したブログ記事、ツイッター投稿が削除されていることを確認しました。ご本人が「プロダクションの圧力」とブログで語っていた通り、裏の圧力がかかったのでしょうか・・・?

東山倫太郎(竹内恒雄)氏がブログで竹内結子の薬物死を暴露

9月28日の午後1時43分、東山倫太郎氏が自身のアメーバブログで発表した暴露文はこちら。このブログ文は東山倫太郎氏のことをよく知る人に向けて書かれたように思えますが、多くの人が竹内結子さんの死因について気にしている現在、すでにあちこちのブログ、記事に拡散されています。

(9月29日追記)9月29日夜の時点で、こちらの記事は削除されています。

東山凛太朗氏のブログ魚拓
出典:東山凛太朗のブログ(現在は削除)

周知の通り、女優で僕の縁戚・妹分の竹内結子がこの世を去りました。
皆様からたくさんの弔電をいただき恐縮しております。
本来ならばすぐに記事を書くべきでしたが、この2日間で体重が2キロも減り、今朝は起きてから鼻血が止まらず、今に至ってしまいました。
今週はメディアから結子がバッシングを受けますが、僕はワイドショーのオファーをすべて断りました。
結子の死の原因は三浦春馬さん、芦名星さん同様「薬物死」です。
プロダクションからは「圧力」がかけられ本当の死因が発表されることは100%ないでしょう。
時間をいただき、改めて、皆様の前で「真相」をご報告いたします。
今は結子の御霊を憂い、敬い、無事に天国に逝けるよう祈りたいと存じます。
もし可能ならば皆様も合掌の程、何卒、よろしくお願い申し上げます。

竹内結子さんの所属事務所は「スターダストプロモーション」。竹内結子さん以外にも、北川景子さんや山田孝之さんなどの人気タレントを抱える大手芸能事務所です。これほど大きな事務所なら、芸能界に圧力の1つや2つかけられそうなものです。

東山凛太朗氏から見た竹内結子さんの情報はデマ?本当?

さらに竹内結子さんの誕生日でもある今年の4月1日には、竹内結子さんのことを紹介するブログ記事をupしています。

東山凛太朗氏のブログ魚拓2
出典:東山凛太朗のブログ

今日は従姉妹の「竹内結子の誕生日」「エイプリルフール」「ストラップの日」です。
まず僕の従姉妹の「竹内結子の誕生日」から。
竹内結子(たけうち ゆうこ)1980年4月1日、埼玉県さいたま市南区で生まれました。血液型はA型、現在の⾝⻑164cmで意外と高いのです(ちなみに僕は172㎝)。現在はスターダストプロモーションに所属しております。結婚は2度目で旦那は俳優の中林大樹君です。
結子が生まれた1980年の3月に僕は都立武蔵高校に合格し、ABBAが来日コンサートを開催し、4月1日に松田聖子がデビューし・・・とかなりヘビーな時にうまれたことを覚えています。結子が小さい時には一緒にお風呂に入りました。あっ、エッチなこと想像しないでくださいね(笑)。

出典元のアメーバブログにはこれ以降も竹内結子さんのことが長々と紹介されていますが、多くは竹内結子さんのWikipediaにも載っている内容でした。もちろん、プライベートの情報なのであえてそうしたのかも知れません。

しかし一部Wikipediaには載っていない情報が見つかったため、その部分については内容を抜粋してお伝えします。

高校入学について
・数学や英語を東山凛太朗氏が家庭教師した
・本人が勉強に興味がなかったので県立高校への入学を勧めた
・その結果、県立新座北高校に入学した
・新座北高校は2008年に所沢東高校と統合し、現在は新座柳瀬⾼校になっている

デビュー時について
・ラフォーレ原宿前の交差点でスカウトされた
・一緒にスターダストプロモーションに話を聞きに行った
・「歌が下手なので歌手だけはNGです!」と本人が言っていた
・高校ではテニス部に入ろうとしたが、芸能界が楽しいので結局帰宅部だった

竹内結子さんのことを妹分と呼んでおり、昔から親しくしていたような様子が伺えます。この方の年齢は不明ですが、竹内結子さんが学生の時には家庭教師をしていたとのことですから、昔から仲が良かったのでしょう。

ブログの最後には、竹内結子さんが本格的に女優デビューしてからの作品の講評と、竹内結子さんが出演する作品の情報が紹介されていました。

東山凛太朗氏のブログ魚拓3
出典:東山凛太朗のブログ

皆様は結子の演技をどう思いますか?僕は少し「オーバーアクションすぎる!」と毎回注意しておりますが、本人は意外と素直で「そうなのよ」といつも笑ってごまかされます。でも本当の結子の正体は「気性が荒いこと」もあり「女というよりは男のような性格」です。中村獅童と電撃結婚したのは『いま、会いに行きます』の時で、実はクランクイン前に堤真一にフラれ、絶望の中、中村獅童に騙され、子供まで作ってしまったので、仕方なく結婚したのです。「海老蔵と言い、✖✖と言い、歌舞伎役者はやめとけ!」と忠告したのですが、子供ができてしまった以上は…ね。なお、その時の子供(長男・太郎=東山凛太朗)は今、青学の中等部にいます。

ジャーナリストらしく、元のアメーバブログには大量の記事がありました。しかし竹内結子さんについての書かれた記事は9月28日と4月1日の2つだけです。

そして竹内結子さんに関する記事をブログに書いてはいますが、東山倫太郎(竹内恒雄)氏が本当に竹内結子さんのいとこなのか?ハッキリと確認できる情報は見つかっていません。

東山凛太朗(竹内恒雄)氏のwikiプロフィール

名前:東山 凛太朗 (ひがしやま りんたろう)
本名?:竹内 恒雄 (たけうち つねお?)
生年月日:1964年4月26日
年齢:56歳(2020年9月現在)
身長:172cm
出身:東京都 立川市
親戚:小林 晴雄、山本 周五郎(大叔父)
学歴:
・東京都立武蔵高等学校、附属中学校高校部 卒業
・中央大学 卒業
職業:ジャーナリスト、作家

ABBA認定日本公式サイト運営、ABBAの全歌詞翻訳、ABBAのCD・DVDのほとんどの解説書執筆、映画・ミュージカル『マンマ・ミーア!』のライナーノーツ執筆、映画『マンマ・ミーア!』、DVD『ABBAザ・ムービー』『ABBAイン・コンサート』字幕監修。著書に『アイ・ハヴ・ア・ドリーム』『やっぱりABBA!』『ABBAザ・ディスコグラフィ』『ABBA、CHESS、劇団四季「マンマ・ミーア!』がある。

出典:CINRA.NET

「東山 凛太朗」は仕事の時に使うペンネームのようなもので、おそらく本名が「竹内 恒雄」なのでしょう。中央大学を卒業した後は就職したものの、社内での中央大学の評判が悪いことに納得できず会社を退社。その後は社会における中央大学の評判を改善するという思いから、なんと中央大学に再入学。

中央大学への再入学後は構想8年、自費100万円をかけて「中大スポーツ新聞」を創刊。卒業後はメーカーを経て映画配給会社の人事部に就職し、現在はジャーナリストという肩書を持っています。

一方で高校生の時からABAA(スウェーデン発のポップ音楽グループ)の大ファンで、ファンが高じてABAA公認ファンクラブの日本支部を創設し、日本版公式サイトを運営しています。ABAAは「ダンシングクイーン」など、cmなどでも流れる有名曲を作曲したグループです。劇団四季の「マンマ・ミーア」などでも使われていますね。

Dancing Queen – Abba(日本語歌詞付き)

ジャーナリストとしては、エンターテインメント業界で反権力を掲げています。そのためか、東山凛太朗氏についての詳しい情報はwikipediaではなくyourpediaにまとめられていました。wikipediaに情報がないと、一見怪しい人物のようにも思えます。

wikipediaとyourpediaの違いについては、wikipidiaでは誰でも記事を編集できる一方で、yourpediaでは最初に記事を作った人以外は記事を編集できないようになっている、という違いがあります。

yourpediaはwikipediaとは目的が異なるネット上の百科事典ですが、東山凛太朗氏の活動上政治的に対立する相手が多く、wikipediaに記事を書いても他人から荒らされたりするのかもしれません。

しかし自らの出身学校と名前のある武蔵高等学校や中央大学を卒業していることは明らかなので、東山凛太朗氏の今までの学歴や経歴などにはウソはない模様です。

三浦春馬や芦名星も薬物死と告白するも真偽は不明

突然竹内結子さんについての新事実を暴露した東山凛太朗氏に対して不信感を持つ人は多く、ツイッター上では薬物死説についてもデマを疑うコメントも。

個人的な意見ですが、彼の人物像についてFacebookなどを確認した限り、竹内結子さんの従兄弟であるという部分にウソはないでしょう。少なくともTwitter上のなりすましアカウントのような、関係のない第三者が竹内結子さんの従兄弟を騙っているという事はありません。

しかし彼が竹内結子さんの死因について語っているのは、公開されたブログ文のこの一文のみ。彼がブログでも語っている通り、プロダクションからの圧力が原因でこの死因が世に出ることはないというのも真実でしょう。東山凛太朗氏が今公開できる情報にも限界があるのかもしれません。

結子の死の原因は三浦春馬さん、芦名星さん同様「薬物死」です。

出典:東山凛太朗のブログ

また、東山凛太朗氏の身内である竹内結子さんだけでなく、三浦春馬さんや芦名星さんの死因について知っているのも、権力を持つ芸能プロダクションと長年戦ってきたジャーナリストならではの情報網があったのでは?

彼の語る「プロダクションからの圧力」によって東山凛太朗氏自身に身の危険が及ばないかが心配ですが、竹内結子さん自殺の真相について、東山凛太朗氏の語る内容を信じてみる価値はあるのではないでしょうか。

東山凛太朗氏がブログで公開した内容は、本ブログでも追跡していきます。

(追記)東山凛太朗(竹内恒雄)竹内結子薬物死ブログ記事が削除

(9月29日追記)9月28日に竹内結子さん達3人が薬物死という記事を公開していた東山凛太朗氏でしたが、翌日29日午前中には続けて別の記事をupしていました。かなりの長文だったその記事の内容は、彼が裏社会の人間に接触した時の体験記でした。

しかし29日夜に彼のブログを確認したところ、竹内結子さんの薬物死説を訴えた記事と、裏社会の体験をまとめた記事が削除されていることが判明しました。現在の彼のブログ記事一覧からも削除済です。

東山凛太朗氏のブログ魚拓4

そして東山凛太朗氏が自らの記事を紹介していたツイッター投稿も削除。まさに彼がブログで主張していた通り、プロダクションによる圧力がかかったのでしょうか?

(9月30日追記)翌日になっても、東山凛太朗(竹内恒雄)氏のブログ、ツイッターに変化はありませんでした。本当にスターダストプロモーションや裏社会から圧力がかかり、権力に屈してしまったのかもしれません。

竹内結子死亡のCIA他殺説はただのデマ!三浦春馬との共通点が陰謀論に利用される

コメント

タイトルとURLをコピーしました