スポーツ選手

林映心(スラックライン天才少年)のwikiプロフィール!【モニタリング】

5月23日のモニタリングでは、
スラックラインの選手として活躍している
天才少年、林映心くんが登場しました!

スラックラインは、
最近になってテレビなどで
たまに話題になっています。

細いベルト状のラインの上で、
落ちないようにバランスをとったり、
トランポリンのように跳ねながら
技を競い合うスポーツですね。

普通の人だと、ラインの上に
まともに乗ることすらできませんが、
林映心くんはその上で
ぴょんぴょん飛び跳ねています!

出典: https://www.youtube.com/watch?v=t7f6ZY_U8QQ

私のような運動音痴だと、
跳ねることはできても
そのまま落ちてケガしそうですww

運動神経バツグンの林映心くんですが、
なんと現在は世界ランキングの常連。
(2018年12月時点で世界11位!)

夢はオリンピック出場!という
将来有望な男の子です。

まさに天才少年という名前がふさわしい
林映心くん、いったいどんな男の子なんでしょうか?

今回の記事では、彼のwikiプロフィール情報について
情報を調べてみました!

スポンサードリンク

林映心のwikiプロフィール

林映心
出典: スラックラインワールドカップジャパンCopyright ©  2019 Slackline World Cup Japan

名前:林 映心(はやし えいしん)

生年月日:2007年8月22日

年齢:11歳(2019年5月時点)

学年:小学6年生

林映心くんの実家は、
長野県小布勢町にある
浄光寺というお寺です。

まだ小学生の林映心くんは、
お寺の副住職でもある
お父さんの林映寿(えいじゅ)さんと、
二人三脚で活動しています。

林映心くんも、お父さんの映寿さんも
お寺の人、と言われると
妙に納得してしまう名前ですね!

スラックラインを始めたきっかけ

林映心くんがスラックラインを始めたきっかけは、
林映心くんのご両親。

ご両親が楽しそうにスラックラインを
やっている所を見て、
試しにチャレンジしてみたのがきっかけでした。

実際、スポーツに限らず、
子どもが何に興味を持つのか?は
両親はもちろん、周りにいる人の影響を
強く受けるっていいますよね。

特にお父さんの林映寿さんが
スラックラインに興味を持ち、
実家のお寺に「小布施スラックライン」という
練習場を開きました。

最初は大人が楽しむために作ったそうですが、
そのうち子ども達が押し寄せてきて
映寿さん達、大人組は追いやられてしまったそうです笑

スポンサードリンク

初めての試合は7歳。今では大人のクラスで勝負

スラックラインを楽しむようになって、
どんどん上達し始めた林映心くん。

彼が最初に出場したのは、
2014年の日本オープンでした。

当時、林映心くんはまだ7歳
その年から試合に出るというだけでも驚きです!

さすがに試合には負けてしまいましたが、
その時思ったのは「悔しい!」という気持ち。

この時感じた悔しさが、
今でもスラックラインを続ける
原動力になっているそうです。

普通なら、まだ7歳だから
負けても仕方ない、と思ってしまいがちです。

そう思わない負けず嫌いな性格が
林映心くんがここまで上達した理由の
一つなんですね!

その後、林映心くんはすくすくと成長し
2017年からは大人のクラスに交じって
試合に出るようになりました。

今の目標はワールドカップの予選通過と、
2028年にロサンゼルスで開かれる
オリンピック出場、という話です。

夢のためにはまず登録から

ところが、今の時点では
スラックラインは、オリンピック競技として
登録されていません。

そのため、お父さんの林映寿さんは
スラックラインをオリンピック競技として
認めてもらうために活動中です。

親子揃って、オリンピック目指して
このまま頑張ってほしいですね!

スラックラインの天才少年 林映心の情報まとめ

5月23日のモニタリングに登場した
スラックラインの天才少年、
林映心くんのwikiプロフィールをまとめました!

まだ小学生ながら、
すでに世界レベルで戦っている林映心くん。

他のアスリートと同じく
これから何度も壁にぶつかるかとは思いますが 、
お父さんと協力して、将来の日本を背負う
トップアスリートになってくれることに期待です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です