スポーツ選手

箱根駅伝 西山くん(東洋大)1区の結果は?剥離骨折のケガの影響は大【2019-2020】

2020年(2019-2020シーズン)の
箱根駅伝が始まりましたが、
今回は最初の1区から、早くも波乱の展開に。

東洋大から出場している
西山くん(西山和弥)
調子がよくありませんでした。

これまでは、2年連続で1区の区間賞を
達成している西山くん。

今年も圧倒的な走りを見せてくれるのか?と
思いきや、今回は順位を大きく下げる結果に。

序盤は先頭集団の中にいたので
大丈夫な様子だったのですが、
中間地点あたりから遅れ出していましたね。

今回の1区の結果は、
いったいどうなったのでしょうか?

スポンサードリンク

箱根駅伝2020 東洋大西山くん1区の結果は?

今回、無理を押して出場した
東洋大の西山和弥くんですが、
今回の1区の記録はどうだったのでしょうか?

速報によると、今回の1区の区間結果は
1:03:15でした。

1区終了時点で、東洋大は14位。
1位創価大学は1:01:13なので、
2分2秒の差があります。

途中、順位は16位まで下がりましたが
そこから何とか追い上げた
ということですね。

ちなみに昨年の2019年は
同じく1区で出場し、
記録は1:02:35で1位通過でした。

去年と比べると、確かに悪くはなっているのですが
それでも総合順位は14位なので
まだ巻き返しできる範囲でしょうか。

東洋大西山和弥に何があったのか?

今回の西山和弥くんの不調は、
ウェイトトレーニング中の
ケガが原因では?という話です。

トレーニング中に剥離骨折をしてしまい、
今回の箱根駅伝の出場も
かなり微妙だったのだとか。

東洋大の監督である
酒井さんも悩んだようですが、
結局、今年の東洋大は

・1区に西山和弥くん
・2区に主将の相澤晃くん

をセットし、序盤でタイムを稼ぐ
作戦に出ることに。

ただ、やはり西山くんの
コンディションは、
完全ではなかったようですね。

東洋大がこのまま終わるとは思えないので
これから順位を追い上げることに
期待ですね!

箱根駅伝2020の西山くん結果まとめ

箱根駅伝2019-2020に出場した
1区の西山和弥くんについて、
1区の区間記録を中心に情報をまとめました。

上位の常連の東洋大ですが、
一体今年の結果は
どうなるのでしょうか。

東洋大2区の相澤くんの結果はこちら↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です