HAC奥尻のマスク拒否動画、男性は誰?ツイッター画像で被害届を出すと主張

マスク着用拒否トラブル

ピーチ航空の飛行機でマスク拒否をした男性が話題になっていますが、同じ北海道の航空会社、北海道エアシステム(HAC)でも同じトラブルが発生しました。

北海道エアシステム側は飛行機に乗るときにマスク着用を男性に求めたものの、男性はこれを拒否。マスクがつけられない理由も明かさないことから、HACは男性に飛行機から降りるよう指示しました。

ピーチ航空の件で話題になったおくのじゅんや氏と同じようなことをしていますが、初めから航空会社を訴えるような準備までしている様子など、矛盾する行動もいくつかあります。このマスク着用を拒否した男性は誰なんでしょうか?

HAC(北海道エアシステム)マスク着用拒否男性は誰?

今回HACの飛行機でトラブルを起こした男性は奥尻島に観光で来ていましたが、9月12日の奥尻発函館行きの飛行機でマスク着用を拒否した結果、奥尻空港に降ろされてしまいました。

テレビではこのマスク着用拒否の男性について、顔画像や氏名などの情報は公開されていませんが、福岡県在住の33歳男性、職業は会社員であることがテレビの取材により判明しています。

ピーチ航空の男性とは違い、この男性は警察に引き渡されるなどはされませんでした。今後男性が顔出し取材などに出ない限り、これ以上の情報が出ることはなさそうです。

男性がHACでマスク着用を拒否した理由は持病

男性がマスク着用を拒否した結果、飛行機は予定時刻から30分遅れで奥尻島を離陸しました。ピーチ航空の飛行機が、トータル2時間10分も到着時間を遅れたことよりはまだマシですが、他の乗客20人が迷惑を受けています。

男性は当初はマスク着用を拒否する理由を明かさず、HACの飛行機を降ろされたこの男性ですが、テレビ局からの取材に対しては「体調不良のため」と改めて理由を明かしています。

男性の説明では、男性は33歳の会社員で福岡市在住。観光のため奥尻島を訪れていたという。以前、マスクを着けた際にじんましんが出るなど体調不良になったことがあり、今回もマスクを着けなかったという。

客室乗務員とのやり取りについては、HAC側との同様の説明をしている。マスクを着けない理由を答えなかったことについては、「持病のことを公の場で言いたくなかった」と話している。

出典:STVニュース北海道

本人の情報を信じる限りですが、この男性の場合、マスクを付けると持病のじんましんが出る、というハッキリとした理由があります。当時は「病気の公の場で言いたくなかった」と言ってはいますが、結局全国ニュースで理由を公表しています。

これなら、飛行機の乗務員に対しても最初から説明しておけばよかったのでは?と思う人も多いでしょう。筋が通っておらず、何がしたいのかがよく分かりません。

(動画)奥尻で降機した男性本人が撮影

ニュースでは男性がマスク着用を拒否し、飛行機から降ろされた当時の様子が放送されていました。しかし今回、この動画はマスク着用を拒否した男性自身から提供されています。

北海道エアシステム マスク着用拒否の乗客を降ろす【HTBニュース】
出典:HTBニュース

ピーチ航空のオクノジュンヤ氏の場合、同じ列にいた人が動画を公開したことがきっかけで世間から大きな注目を浴びることになりました。しかしこの男性の場合は自分で動画を撮影し、しかもそれをテレビ局に渡しています。

行動を見る限り、ニュースをテレビで流してもらうのを最初から狙っていたようにしか見えません。航空会社を相手に、訴訟でお金を踏んだくろうとでもしたのでしょうか。

(画像)オクノジュンヤ氏をマネてツイッター開設

マスク着用を拒否した男性に対し、乗務員は命令書を男性に手渡して飛行機から降りることを指示。マスク拒否男性は「はい、はい」と素直に応じており、この動画を見る限り、反抗的な様子は見られません。

しかしその後、男性は手渡された命令書をツイッター上にupしました。ツイッターアカウントを開設したのはピーチ航空のオクノジュンヤ氏の時と同じですね。

ツイッター上では動画での素直な態度とは打って変わり、北海道エアシステムに抗議する態度を隠そうとはしていません。動画では乗務員の命令には素直に従った様子でしたが、後々気が変わったのでしょうか。

しかしピーチ航空のオクノジュンヤ氏とは違い、警察にはマスク着用の強要罪で被害届を出すと主張しています。はたしてこの主張が通るのかは疑問ですが、オクノジュンヤ氏のニュースを見てこの方法を猿真似しようと思ったのでしょう。

(動画)ピーチ航空マスク拒否男は誰?非着用の横顔画像が特定されツイッターで反論

そもそも乗務員の注意に逆らってマスクを付けず、理由もハッキリと明かさない時点で飛行機を降ろされても仕方ありません。その時点で分が悪いことは明らかですが、それでもHACを訴えるんでしょうか。

北海道エアシステムとマスク拒否男性が対立

今回のマスク拒否男性はツイッター上で「マスクを着けていないだけで飛行機を降ろされた」と主張していますが、一方で北海道エアシステムの主張は異なります。

北海道エアシステムは「マスクを着用していなかったからではなく、客室乗務員とのやり取りから、安全な運航に支障を来すおそれがあると判断した」と話しています。

出典:NHKニュース

HACは男性を飛行機から降ろした理由を「マスクを着用しなかったことが原因ではない」と説明しており、両者の言い分が食い違っています。

男性の動画では、マスク拒否男性が命令書をもらう前後しか撮影されていません。当然その前後にも乗務員との間でやり取りはあったでしょうから、安全を脅かすような言動があった可能性もあります。マスク拒否男性は自分に都合のいい情報しか公開していないのではないでしょうか。

HACマスク着用拒否男性の目的は?

「マスクでじんましんが出る」という、説明すれば誰もが納得できる理由があるにも関わらず、飛行機の乗務員には説明しなかったマスク拒否男性。その割に、後々ツイッターでは当時の状況について色々と追加で説明をしています。

マスク拒否男性によると、男性はニュースで公開された以外にも動画や録音した音声を持っていると主張しています。ピーチ航空の事件とは異なり、おそらくすべて自分で用意したものと思われます。訴訟のための証拠固めでしょうか。

この男性がHACの命令書をツイッターにupしたのは9月12日の午後1時31分。問題になった日本航空(JAL)のJA2890便は、もともと12時15分の離陸予定でした。

実際には飛行機が離陸したのは予定から30分遅れ、12時45分前後だったといわれています。時間的に、搭乗拒否された直後にツイッターを投稿し始めたのでしょう。

証拠の残したつもりなのか、前もって動画や音声を準備していることからも、ネット上で炎上させて航空会社に話を持っていこうとする意図が透けて見えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました