gotoトラベル東京除外の詳しい条件と申請可能なケース

ニュース 雑学

7月22日から開始予定のgotoトラベル(gotoキャンペーン)ですが、
開始まで約1週間前の16日になって、政府は東京をgotoトラベルの対象外とする
声明を発表しました。

新型コロナが東京を中心に再流行する中、本当にやるのか?という国民の声が日々増えていることを受け、急に方針転換した政府の姿勢に対して、疑問の声が相次いでいます。

東京を除外とするこの方針は16日夜の新型コロナウイルス感染症対策分科会にて
正式に了承されましたが、キャンペーンから除外される詳しい条件については
これから順次決定されていくようです。

gotoトラベルキャンペーンから東京が除外!詳しい条件

ニュースや各種ワイドショーでは「東京を除外」というフレーズがよく聞こえてきますが、具体的にはどんな条件にあてはまるとキャンペーンの対象外となるのでしょうか?

まず16日夜に赤羽国土交通大臣がインタビューで答えた内容によると、キャンペーンの対象外となる条件は、下の2つです。

条件1.目的地を東京に設定している旅行(=東京都を発着する旅行)
条件2.東京に住んでいる人の旅行

なお、インタビュー時の原文はこちらです。

赤羽国土交通大臣は「GoToトラベル事業については現下の感染状況に鑑み、東京都の発着、具体的には東京都を目的としている旅行、東京都に居住する方の旅行を対象から外し、宿泊旅行業界また旅行者の双方に具体的な感染拡大防止策を求めた上で、7月22日から事業を実施する旨を本日の分科会で説明させていただき、専門家の皆さま方のご意見をしっかりいただきたい」と述べた。 (ANNニュース)

出典:Yahooニュース

よりgoto詳しいキャンペーンの内容については、17日に赤羽国土交通大臣から再度説明があるとのことですが、現時点では東京以外にキャンペーンの対象除外となる都道府県はないとのことです。

gotoトラベルの申請可能かあいまいなケース

一方で国内旅行のルートによっては、この2つの条件に当てはまらない、つまり補助金を申請できるのでは?と考えられるケースがいくつも出てきます。

・東京発着ではなく、経由した場合
・成田空港(千葉県)を使った飛行機便の場合
・東京ディズニーランド(千葉県)目的の場合

Twitterでもあちこちで意見が出てきている通り、上に書いた2つの条件だけだと
いくつも抜け道が出てきてしまうので、あまり意味がないですね。
そうなると、今後はより詳しい条件が追加されていくのではないかと思われます。

ただ、一方でキャンペーンの対象(=申請可能)だとハッキリ言われているケースもあります。

東京からでもgotoトラベルキャンペーンに申請できるケース

国交省によると、その他のケースでは、千葉県や埼玉県など東京都外に住む人が東京駅や都内にある羽田空港発の旅行パッケージを利用する場合、対象とする方針だという。

出典:朝日新聞デジタル

このケースだと、旅行者は東京の外の人なので、条件2「東京に住んでいる人」には当てはまりません。
この場合は東京都内にある羽田空港を使っていますが、東京を経由する旅行なので
条件1「目的地を東京とする旅行」にも、直接は当てはまらないと言えます。

もちろん今後このケースがgotoトラベルの対象外となることも考えられます。
これから旅行に行くつもりの人は、観光庁のページにまとめられている最新情報を確認することをお勧めします。

gotoトラベル以外は東京都民でも申請可能

少し話は変わりますが、gotoトラベルの対象外となった東京都民でも、
gotoトラベル以外のキャンペーンなら申請はできます。
国土交通省が発表しているgotoトラベル以外のキャンペーンには、こんな内容が。

・Go to Eat キャンペーン
→飲食店での外食

・Go to Event キャンペーン
→イベントのチケット購入が対象

・Go to 商店街 キャンペーン
→商店街主催のイベントなど

より詳しいキャンペーンの内容は、下の画像を見てください。

gotoトラベル以外のキャンペーンなら、東京かどうかは関係ないのでgotoトラベルのような不公平感もないですね。

いっそgotoトラベルをスッパリと諦めて、このキャンペーン狙いでいくのも一つの方法です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました