(New!)旭川市いじめ自殺 廣瀬さあやさんツイッターが語る事件後の心境

グローバルアーク不織布マスクNG「昨年もマスク無し」群馬野外音楽フェス

グローバルアーク2020マスク無しニュース
ニュース

不織布マスクの着用を禁止するルールが設けられていたことが発覚した、群馬県の野外音楽フェス「グローバルアーク」。コロナを感染をさらに拡大させかねないNGルールですが、昨年(2020年)のフェス開催時からマスクを着けていない人が多数いることが新たに分かりました。

グローバルアーク野外フェス「去年もマスク無し、三密」

グローバルアークは2021年開催で10周年を迎えますが、去年は今年と同じ8月末に開催されていました。2020年当時の様子はTwitter上にいくつか投稿されていますが、当時の写真を確認したところ3密状態なのにマスクを着けていない人があちこちにいました。

2020年8月の時点では新型コロナの感染は少し落ち着きつつある状態。今と比べるとイベント自粛も少なく、その分気が緩んでマスク着用ルールもあまり気にされていなかった時期です。

「この暑いのにマスクなんてきちんと付けてられない」そんな気持ちが誰にでもあるのは確かですが、それでも人の集まるイベントに行く以上、感染対策をきちんとするのは当たり前の話。不織布マスクNG以前にマスクを着けている人すらいないのは大問題です。

グローバルアーク2020マスク無しツイート集

こちらはステージ前で談笑している参加者たち。会場には小さな子どももいますが、マスクを着けている人は誰もいません。

ステージでフェスが始まる前ではあるものの、マスク無しなのにソーシャルディスタンスもどこ吹く風。密じゃないからマスクもいらないだろう、という雰囲気がまん延していることが分かります。

グローバルアーク2020ライブ前マスク無し

こちらはステージでフェスが始まった時の様子です。大人数だからかさすがにマスクを着けている人もいますが、それでもマスクを着けている人の方が少数派。

通行人も、ステージ近くにいる人もノーマスク。感染対策が徹底されているとはとても言えず、このフェスが原因で感染が拡大した可能性はおおいにあるでしょう。

グローバルアーク2020ライブ密

グローバルアーク不織布マスクNG「主催者が考えたルール」

2021年のグローバルアークが設けた「不織布マスクNG」のルールについて、主催者の後輩である人物は次のように語ります。不織布マスク着用NGのルールを「理にかなっている」と説明していますが、説明の内容は「不織布マスクが蒸れて不快」など、気分の問題がほとんどです。

主催者である僕の先輩が考えに考え抜いたマスクルールなんです。ちなみに僕は花粉症なのでありとあらゆるマスクで1年の半分を過ごしますが不織布マスクの場合はかゆみと中の湿気で1日に4枚ぐらい換えます。外にいる場合はゴミ箱に捨てたり飲食店などで廃棄してもらうこともあります。その点GA(Global Ark)ルールの説明は理にかなっていると思います。

不織布マスクNGの主張

屋外なので、ランニングしてる人で不織布マスクをしている人が居ないという、シンプルな考え方なのが1つ。また折角のロケーションなので気分の問題を提起しているんだと思います。KF94も一般化しましたが、アレは不織布よりも更に蒸れます。汗が滴り落ちるぐらいです。冬は暖かくていいですけどね。

そして「自治体の反対を押し切って開催。」ではないですよ。何度も足を運び役場の承諾を得たそうです。自分ごとで言えばオリンピック開催にもガマンし、FUJI ROCKも自重し、家族旅行ももちろん出来ず、これ以上ささやかな日常を奪われると心が死にます。感染者でいえば今はむしろ都心の繁華街の方がよっぽど怖いと思います。

不織布マスクNGの主張2

グローバルアーク不織布マスクNGの理由「正しく使う方が大切」

不織布マスク着用NGのルールが炎上して以来、グローバルアーク公式HPは閉鎖中。不織布マスク着用NGの理由について、閉鎖前にグローバルアークが公開していた内容は次の通りです。(長文なので内容を抜粋)

グローバルアークの主張する不織布マスクNGの理由

  • お互いマスクを着けて飛沫感染を予防するよう努力すれば、布マスクと不織布マスクに感染防止効果の違いに大きな違いはない
  • ウレタンマスク警察が社会問題化しているが、専門家は「場所や注意点を守ればウレタンマスクの使用に問題はない」と言っている
  • 不織布マスクは密閉性が高く、息苦しさを感じるので通気性の良いウレタンマスクを選ぶ人もいる。
  • 「環境管理センター」の飯田裕貴子技術部長は不織布マスクとウレタンマスクの使い分けを提案している。材質よりもむしろ正しく使うことの方が大切。
グローバルアーク不織布マスクNGの理由1
  • グローバルアークの会場は野外で換気が良く、長時間なので子の場合は不織布マスクではない方がいい
  • 不織布マスクを着けると中が蒸れやすいのもデメリット。蒸れるせいであごマスクや鼻の下にずらしている人も多い。
  • 不織布マスクは横に隙間が空いてしまうが、ウレタンマスクは口鼻全体を覆ってフィットするので一長一短。
  • 必ずしも不織布マスクがいいとは言い切れず、それよりも正しくマスクを着ける方が大事と専門家が言っている。
  • 不織布マスクは使い捨てで、落とすと誰のものか分からない。ポイ捨てする人もいて、会場内にいる子どもが落ちたマスクを触ってしまうケースも考えられる。
グローバルアーク不織布マスクNGの理由2
  • ファッションマスクは多少高価なので落としたら探すだろうし、デザインが特徴的なので自分のものかがすぐ分かる。
  • GA(グローバルアーク)のマスク着用のお願いはファッションのためだけでなく、正しくマスクを付けてもらうことが目的。
  • マスクの性能だけで使用を進めているわけではない。
グローバルアーク不織布マスクNGの理由3

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました