ニュース

平成最後の日の海外BBC(外国人)の反応やニュース解説まとめ!

本日、4/30(火)は皆さんご存知の通り、
平成最後の日ですね。

さすがに、平成→令和に
元号が変わる瞬間ということで
私もなぜかソワソワしてしまいます笑

ところで、昭和や平成、令和といった
元号制は、日本独自のものです。

海外にはこのような制度はないので、
今日のこの日を話題にしているのは
私たち、日本人だけということですね。

そんな平成最後の日を、
日本に住んでいる外国人や、
海外の人はどう思っているのでしょうか?

今回の記事では、平成最後の日に対する
海外(外国人)の反応や
ニュース記事をまとめてみました!

平成最後の海外ニュース

まずは、イギリスの放送局BBCから。
Japan empeor: Akihito’s human touch
というタイトルで、ニュースになっています。

この記事では、4月30日に天皇が変わることの意味や
1989年に平成が始まって、
天皇が即位した当時の様子が紹介されていました。

また、次の天皇となる
皇太子の徳仁親王 (なるひとしんのう)や
その妃、皇太子徳仁親王妃雅子(しんのうひ まさこ )様
についても紹介していました。

また、明日の5月1日から「令和」が始まることも
記事の最後に紹介していました。
やはり、海外のニュース機関も
平成から令和への切り替わりには注目しているようですね!

スポンサードリンク

平成最後の日に対する海外の反応

今回の、平成最後の日について
海外の人は、どんな反応をしているのでしょうか?

日本の新聞を英語で紹介している
「Japan times」のサイトを見てみたところ、
いくつかコメントがありました。

出典:Japan Times

和訳「平成の時代は、他の時代とどう違うんだ?
明治や大正、昭和の時には、世の中に明らかな
変化や成長があった。

明治には戦争や世の中に不平等さがあったし、
大正には関東大震災があって、14万人以上の
人が亡くなったし、
昭和には第二次世界大戦で原爆が使われた。
まるでノルマのように、それぞれの時代の中で
世の中に変化や成長、悲劇があった。

平成を象徴するものと言うと、少なくとも
戦争がなくなった。
他にも、今の”民主主義で選ばれた政府”と比べてると
皇室が民主主義というものに敏感になったよね。」


出典:Japan Times

和訳「世の中の変化や成長、悲劇なんてのは
人間の作ったカレンダーや時代のことなんて
知ったこっちゃないし、関係ないよ。
ほとんどは人間が作り出したものだよ」

平成最後の日に対する海外の反応やニュースまとめ

4月30日の平成最後の日についての
海外の反応やニュース記事などをまとめました。

日本人にとっては、この元号の変化は
すごく大きなことですけど
やっぱり外国人にとっては、あまり馴染みがないだけに
一歩引いて、冷静に見ているような印象がありますね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です