テレビ番組

ダッシュ島で反射炉完成!理由は鉄のクワ作りで山口メンバーも作業していた?

7月28日放送の鉄腕ダッシュで、
ダッシュ島に作っていた反射炉が
ついに完成することになりました!

完成した反射炉は大量のレンガを使って
2年もの長い時間をかけて
作った大掛かりなものでした。

ですが、そもそもTOKIOは
なぜ反射炉なんて大掛かりなものを作ったのか、
その理由が気になりますよね。

しかも、反射炉を作り始めた当初は
山口メンバーこと山口達也さんも
製作に深く関わっていました。

事件があった当時は、山口達也さんも
自粛して作業はしていなかったと思いますが、
今回完成したということは
その後、作業に復帰していたのでしょうか?

スポンサードリンク

TOKIOが反射炉を完成させた理由は鉄づくりから

TOKIOが鉄腕ダッシュでやっていることは
スケールが大きすぎて
そもそも何のために作業していたのか
分からなくなることも多いですよね。

今回の反射炉作りの話が始まったのは、
海で使うモリや、農作業で使うクワが
痛んできたことがきっかけでした。

モリやクワは鉄で出来ているので、
新しく作り直そうとすると
鉄を溶かす必要があります。

もちろん、いきなり今回の
大きな反射炉を作り始めたわけではなく、
最初は小さな反射炉から
作り始めました。

しかし、古いレンガは
鉄を溶かす高熱に耐えられず
ひび割れてしまいました。

そうなると、もう1から反射炉を
作るしかない!ということで
今回の企画がスタート。

高熱にも耐える、耐火レンガを
全部で30トンも集めたというのは
ただただ脱帽です・・・笑

普通に考えて、ムチャな企画だという声も
聞こえてきそうですが、

TOKIOが作るからなのか
ムリだろ、という感想は
ほとんどないみたいですね笑

反射炉作りは山口メイン、騒動後も参加していた?

今回、無事に完成した反射炉ですが、
元々反射炉を作ろうと言い出したのは
実はあの山口達也さんでした。

反射炉作りの途中に、あの騒動が原因で
芸能界を引退してしまった
山口メンバーですが、

今回、反射炉が完成したということは
カメラの裏で、山口達也さんも
作業に関わっていたのでしょうか?

今回、TOKIOが反射炉を作る上には
当然5人だけでは作れないので
TOKIO以外の作業員や、
専門家も多数いたと予想されます。

番組の進行上、カメラが回っている間は
山口達也さんがメインで進めているように
映っていました。

しかし、事件があってからは
山口達也さんをテレビに
写すわけにもいきません。

なので反射炉作りは、例えば
城島リーダーが代わりを引き継ぐなどで
対応したのではないでしょうか。

山口達也さんがいなくても
専門家や作業員の方がいれば、
作業そのものは進められるでしょうしね。

もちろん、山口達也さん本人も
ダッシュ島の反射炉作りについては
責任を感じていることもあるかと思います。

しかし、今の山口達也さんは
病気のリハビリに専念しないといけない立場。

反射炉が完成したことは
知らされているでしょうが、
事件後も反射作りの作業に関わっていた可能性は
低いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

ダッシュ島の反射炉完成の理由と山口達也の情報まとめ

ダッシュ島で作っていた
反射炉がついに完成したということで、

そもそも反射炉を作っていた理由や
山口達也さんが事件後も
反射炉作りに関わっていたのか考えてみました。

かつては自分も関わっていた
反射炉が完成したという話、
山口達也さんはいったいどんな思いで
聞いているのでしょうか・・・?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です