お店、スポット

11万円のコーヒー(大阪,ミュンヒ)値段の理由は?お店の場所や通販は?

1杯なんと11万円という
破格の値段のコーヒーを出す
コーヒー店があります。

お店の名前はザ・ミュンヒといって、
大阪府の八尾市にあるお店。

11万円、しかも1杯というと
普通ならありえない値段すぎて
ネタで出しているのかも?と
思ってしまいますが、

ザ・ミュンヒの11万円のコーヒーは
ネタでもなんでもなく、
実際に出されている商品です。

1杯11万円だと、一部のコーヒー好きの人しか
注文しなさそうではありますが、
ここまで値段が高いだけあって
評判は上々とのこと。

しかし、いくら高級なコーヒーとは言っても
1杯に11万円もかかるというのは
ちょっと他では聞いたことがありません。

いったいなぜ、こんな値段に
なっているのでしょうか?

ザ・ミュンヒのお店や通販など、
関連情報と一緒に調べてみました。

スポンサードリンク

ザ・ミュンヒの1杯11万円コーヒーのお値段の理由

1杯11万円という世にも恐ろしい
お値段がする、ザ・ミュンヒのコーヒー。

お店のメニュー表には
幻の創作(超想定外)コーヒー(世界初・珈琲人生の集大成)
という名前がついています。

まさに、ザ・ミュンヒのマスターの
コーヒー人生の集大成、
ということなんですね。

このコーヒーがなぜこんなに
効果なのか?

ザ・ミュンヒのメニューには、
こんな風にコーヒーの説明書きがあります。

オールドクロップ15〜30年物の生豆から焙煎、
ネルドリップ抽出したスパルタンNo.1、No.3
液体のままブレンドして-3℃の樽の中で
20年間熟成させたもの」

コーヒーに詳しい人でないと、
ちょっと意味が分からない部分もありますが、

調べてみたところ、
それぞれこんな意味がありました。

・オールドクロップ
→収穫してから3年以上経過した生豆

・スパルタンNo.1,No.3
→このお店のメニューの名前。
No.1は「苦味の超ストロング」
No.3は「酸味の甘味」

この説明を見る限り、

・貴重なコーヒー豆にかかる材料費
・-3℃の樽で20年間熟成し続ける手間賃


が、この11万円という
コーヒーのお値段の理由ですね!

ちなみに、コーヒーのお味は
普通に売っているような
苦味のある味ではなく、

・極甘で白ワインのような味
・果実のようなフルーティーな香り


という、一見コーヒーとは思えないような
味・香りがするのだとか。

もはや、普通にコーヒーと聞いて
イメージできるものとは
別の何かになっていますね。

さすがにいきなり11万円のコーヒーは
頼みづらいですが、
実はスプーン1杯、2000円
お試しコースがあるのだとか。

これなら、割と手が届きそうなお値段です!
(それでも、もちろん割高ですが)

ちなみに、お店で出している
コーヒーのお値段は10万円ですが、
消費税が付いて、合計11万円。

消費税10%がデカすぎる!!

ザ・ミュンヒのお店情報

店名:ザ・ミュンヒ (THE MUNCH)

住所:大阪府八尾市刑部2-386

TEL:072-996-0300

営業時間:午前6:00~午前3:00(LO午前1:00)

定休日:年中無休

席数:20席

アクセス:
・近鉄大阪線 / 高安駅 徒歩10分
・近鉄大阪線 / 恩智駅 徒歩12分
・近鉄大阪線 / 河内山本駅 徒歩18分

ザ・ミュンヒのコーヒーに通販はある?

大阪府八尾市にある「ザ・ミュンヒ」ですが、
直接お店に行く機会は
なかなかなさそう。

できれば通販があれば・・と思って
調べてみたのですが、
残念ながら情報は見つからず。

ここまで手間をかけたコーヒーだと、
直接お店に行って飲むしか
コーヒーを体験することはできないようですね。

ザ・ミュンヒの1杯11万円のコーヒー情報まとめ

1杯11万円の、幻のコーヒーをだすお店
「ザ・ミュンヒ」についての
情報をまとめました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です