笑神様の漫画家、的野安珠って誰?サンデーでデビュー!?【2019元旦】

2019年の元旦に放送された【笑神様は突然に】では、
千鳥やくっきーといったメンバーが玉川美術大学を
訪問していました。

美術大学というだけあって、なかなか個性的な
学生が登場していましたが
番組の途中で、千鳥のファンという女性が登場しました。

一体どんな人なのか?と思ったら、なんと漫画家で
最近になってサンデーでデビューしたというから
けっこう驚きです!

どんな漫画家なのか、気になったので情報をまとめてみました!

スポンサーリンク

笑神様のサンデー漫画家、的野安珠ってどんな人?

的野安珠さんは、現役で玉川美術大学に通っている女子大生。
玉川美術大学の漫画家集団「 鑓水トキワ荘 」に
所属しつつ、活動しています。

第81回新人コミック大賞<少年部門>にて「かっぱにあった日」を
投稿し、佳作を受賞しました。

その後、週刊少年サンデーの増刊号
「週刊少年サンデーS」でデビュー。

現在は連載、センターカラー掲載を目指して
日々漫画家として、頑張っているそうです!

ちなみに、お笑い芸人では千鳥の大悟が好きだとか。
番組中でも大悟の似顔絵を描いて、満足そうにしていました笑

漫画家、的野安珠のデビュー作は何?

的野安珠さんの作品が掲載されたのは、
2018年8月24日に発売されたサンデーSの10月号。

10月号は、名探偵コナンの安室さんと犯人が
揃って並んだ表紙が目印です。

サンデーS 10月号
出典:https://mainichi.jp/articles/20180824/dyo/00m/200/013000c

的野安珠さんの掲載作品は
消えた生徒会長という読み切り。

ご本人は「ホラーのつもり」で描いたそうですが、
Twitter上に投稿された感想には
「コメディっぽい」という感想もありました。

一体どんな漫画だったのでしょうか・・・?
気になりますね!

笑神様のサンデー漫画家、的野安珠の情報まとめ

2019年の元旦に放送された【笑神様は突然に】で
紹介された玉川美術大の漫画家、的野安珠さんに関する
情報をまとめました!


スポンサーリンク







フォローする