トネガワのナレーション声優は誰?川平慈英の声が独特で原作に合ってない!?

7/3(火)より、アニメ中間管理録 トネガワ」が
放送開始です!

中間管理録トネガワは「カイジ」シリーズの
スピンオフ作品としてスタートし、元々は
漫画が原作となっています。

大元の「カイジ」シリーズ共々人気のある作品ですが
今回のアニメ化にあたって、ナレーションを担当している
声優のが話題になっています。

原作の「カイジ」シリーズもそうですが、
今回の「中間管理録 トネガワ」も
元々ナレーションが多い作品です。

なので、アニメ化する上でも
ナレーションの声が作品の雰囲気に合っているのか?
というのはかなり重要な部分です。

しかし、初回の放送を見た人の感想の中には
作品の声と合っていないのでは?という評判が
一部あるようです。

今回の担当声優さんの声もかなり独特という話ですが、
声優は一体誰なんでしょうか?

スポンサーリンク

中間管理録トネガワって何?カイジのスピンオフ?

「中間管理録 トネガワ」は、元々は漫画「カイジ」シリーズに登場する
利根川というキャラクターが主役になった、スピンオフ漫画です。
原作漫画の利根川はこんな感じです↓↓

出典:https://matome.naver.jp/
odai/2149302837490535401

利根川は「カイジ」シリーズの主人公である
カイジと対立する組織、帝愛グループの幹部で
フルネームは「利根川 幸雄」という名前です。

原作の「カイジ」シリーズでは、利根川は
一貫して冷酷なキャラクターとして描かれており、
「金は命より重い」などの印象的な名言を残しました。

原作では、カイジとの勝負に敗れた罰として
鉄板の上で焼き土下座をさせられ、
物語から退場していしまいます。
イメージ図↓↓

出典:http://www.パチンコ攻略wiki
・・・焼き土下座リーチ.php

この画像だけ見るとコラ画像にも見えますが、
実際に原作漫画であったシーンです笑

一方、スピンオフである本作品「中間管理録 トネガワ」では
利根川のキャラクターは一変。

「中間管理録 トネガワ」は、
帝愛グループの中間管理職として悪戦苦闘する
利根川のコミカルな一面を描く
ギャグ漫画となっています。

中間管理録トネガワのナレーションを担当する声優は誰?

今回、アニメ中間管理録 トネガワのナレーションを
担当している声優さんは、
川平慈英(かびら じえい)さんという方です。


出典:https://www.k-factory.net/profiles/jay-kabira

別名義:Jiei Kabira(ジェイ カビラ)

生年月日:1962年9月23日

年齢:55歳(2018年7月現在)

身長:170cm

血液型:A型

学歴:上智大学比較文化学部(現国際教養学部)卒業

川平慈英さんは元々、タレントやスポーツキャスターとして
テレビに出ている方で、サッカー好きで有名です。

実は母親がアメリカ人のハーフで、クリスチャンでもあります。

スポンサーリンク
一方、原作である「カイジ」シリーズでのアニメナレーションは
声優の立木文彦さんが担当しています。


出典:http://seiyuu-channel.click/?p=1703

立木文彦さんは、「カイジ」シリーズのアニメ以外にも
イッテQでのナレーションなどを担当していることでも有名です。

立木文彦さんの声の雰囲気は「カイジ」シリーズとぴったりなので、
「カイジ」のナレーション=立木文彦さん
というイメージがかなり強いですね。

そのイメージのせいか、川平慈英さんの声は
作品の雰囲気に合っていないという感想が多いようです。

「中間管理録 トネガワ」のアニメは2クールあるそうですが、
一旦2クール分の放送が終わるまでは
ナレーションの声は川平慈英さんのままかと思われます。

立川文彦さんと川平慈英さんの声はどんな声?実際に比較!

スポンサーリンク







フォローする