東海道新幹線刺傷事件の犯人の名前や動機は?

6/9(土)の東海道新幹線で発生した刺傷事件ですが、
犯人は無事確保されたようですね。

話によると死傷者が3人出ており、犯人は男性とのことですが
どんな人なんでしょうか?
名前や事件の動機などを調べてみました。

スポンサーリンク

東海道新幹線刺傷事件について

6/9(土)の夜9時50分頃、東京発新大阪行のぞみ265号の社内で
なたを持った男性が暴れ、3人の死傷者が出ました。

事件発生当時、新幹線は神奈川県内を走行しており
事件発生の連絡を受けて、新幹線は小田原駅で緊急停車しました。

停車後、犯人は駅に駆け付けた神奈川県警の警察官によって
取り押さえられ、被害者は至急病院に搬送されましたが
30代の男性が死亡、かつ他にも男女2人が負傷しました。

東海道新幹線の犯人の名前や動機、顔画像

東海道新幹線の犯人は確保され、名前は小島一朗と判明しました。
愛知県岡崎市簔川町の出身で、年齢は22歳とのことです。

犯人の動機は「むしゃくしゃしてやった、誰でもよかった」という
悪い意味でよく聞く理由でした。

小島一朗容疑者の顔画像については、現地で撮影した人がいました。

東海道新幹線刺傷事件の情報まとめ

6/9(土)夜に発生した東海道新幹線刺傷事件について、
事件の概要や犯人の名前、動機などを調べました。

3年前に発生した新幹線内での焼身自殺の事件といい、
新幹線での事件は定期的に発生していますね。

公共交通機関である以上、社内への持参や
監視カメラなどでの規制には限度があるというのが現状ですね。

一旦こういった事件が発生してしまうと、事件に居合わせた
人はトラウマになってしまったり、事件が解決した後でも
乗客に対する規制など、事件とは直接関係のない
他の乗客に対しても大きな影響が出てしまいます。

こういった事件を未然に防止する、いい方法は何かないのでしょうか?

ページトップへ

スポンサーリンク







フォローする