シェフ佐々木勝の菓子店の場所などをwiki風に紹介!【ごはんジャパン】

3/3(土)のごはんジャパンに、グランシェフとして和菓子職人佐々木勝さんが出演です!

最近では職人さんの数も減りつつある中、今でも現役で菓子職人として仕事をされている佐々木勝さん。

同姓同名の方も何人かいらっしゃるみたいですが、今回は和菓子職人の佐々木勝さんについて、プロフィールや佐々木さんの経営するお店の情報などについて調べてみました!

スポンサーリンク

佐々木勝さんのプロフィール


出典:http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1108/interview.html

名前:佐々木 勝(ささき まさる)

生年月日:1945年(昭和20年)

出身地:樺太(からふと)→北海道小樽市

佐々木さんが菓子作りに関わり始めたのは北海道小樽市の菓子店「高山菓子舗」が最初で、中学卒業後の15歳で就職したそうです。

佐々木さんの師匠である高山良介さんという方の下で5年間の修業を積んだ後は上京し、東京・世田谷区の「たちばな」、赤坂の「塩野」というお店でさらに経験を積みました。

その後、神奈川県横浜市の「新月」、千葉県市川市の「松月堂」で工場長を歴任し、1976年(昭和51年)に同じ市川市行徳で「菓匠 京山」をオープンしました。

佐々木さんが最初にお店をオープンさせたのは30歳の頃だそうなので、15歳の頃から数えて約15年もの間修行を続けたことになりますね!

職人さんの世界では自分の腕前一本でやっていく訳ですから、一人前になるにはやはりそれぐらいの期間が必要なのでしょうか。

佐々木さんのお店「菓匠 京山」の情報

佐々木さんが千葉県市川市の行徳で1号店を開いた後、1992年(平成4年)には同じ市川市富浜で2号店(妙典店)がオープンしました。
1号店(行徳店)、2号店(妙典店)の詳しい情報については以下の通りです!


店舗名:菓匠 京山(かしょう きょうざん)
妙典(みょうでん)店
住所:千葉県市川市富浜2-5-3
営業時間:9:30~19:00
定休日:火曜日
電話番号:047-359-8888

行徳(ぎょうとく)店
住所:千葉県市川市行徳駅前2-10-14
営業時間:9:00~18:00
電話番号:047-397-8718

出典:http://chiba.sweetsplaza.com/shop/%E8%8F%93%E5%8C%A0-%E4%BA%AC%E5%B1%B1

どうやらお取り寄せサービス等もやっているそうなので、遠方に住んでいる方はそちらを利用してみるのもいいかも知れません!

スポンサーリンク

「菓匠 京山」で人気の和菓子

菓匠 京山の商品ラインナップの中でも、薔薇もなか薔薇ブッセという商品が人気のようです!

和菓子を作り続けて55年という佐々木勝さんが手掛ける、餡と皮が別仕立てで、手詰めで
いただく「薔薇もなか」(6個入り1,250円)。白小豆かのこ入りの、薔薇の香りがほのかに残る薄赤色の餡は、風味を損なわないよう缶詰めに。皮も、焼き上がりと同時にパッキングしているため「いつでも出来たてを味わってほしい」という店主の思いが伝わってきます。「薔薇ブッセ」(170円)は、カステラ風の生地に、クリームチーズ、薔薇ジャムをサンドした軽い口当たりの洋風菓子。甘過ぎない大人のスイーツとして、コーヒーや紅茶などとの相性も抜群です。

出典:http://chiba.sweetsplaza.com/shop/%E8%8F%93%E5%8C%A0-%E4%BA%AC%E5%B1%B1

和菓子で赤色の餡、というのは少し珍しいのではないでしょうか?
鮮やかな薔薇色が目を引いて、食欲をそそりますね!私も取り寄せしたくなってきました(*´∀`*)

まとめ

ごはんジャパンに出演していた和菓子職人の佐々木勝さんについて、プロフィールやお店、おすすめ商品に関する情報をまとめました。

お店はどちらも千葉県にあるとのことなので、旅行などで近くを訪れた方はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか!

ページトップへ

スポンサーリンク







フォローする