ロクテ(競泳)がドーピング違反した理由や静脈注射の薬の種類は?

本日、リオデジャネイロオリンピックの競泳男子で
金メダルに輝いたライアン・ロクテ選手が
ドーピング違反で資格停止処分を受けたという
ニュースがありました。

ライアン・ロクテ選手と言えば
2004年のアテネオリンピックでデビューしてから
数多くのメダルを獲得してきただけに、
まさに衝撃的なニュースですね。

今回、ライアン・ロクテ選手は
静脈注射が原因で資格停止処分を受けましたが、
その理由や静脈注射した薬の種類は一体何なんでしょうか?

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

ライアン・ロクテ選手(競泳)のプロフィール


出典:https://www.cnn.co.jp/showbiz/35087431.html

名前:ライアン・ロクテ

生年月日:1984年8月3日

年齢:33歳

出身:アメリカ合衆国

種目:自由形、背泳ぎ、個人メドレー

身長:188cm

体重:84kg

獲得メダル:金6個、銀3個、銅3個

ドーピング違反の理由や投与した薬物の種類は?

ニュースによると、5月に静脈注射をしている画像が
SNS上に投稿されたことが、ドーピング違反とされた
直接の理由だったそうです。

加えて、米国水泳連盟への事前申請もなく
当時投与された薬物の量も多かったことから
処分が免れなかったようです。

スポンサーリンク
調べてみたところ、この時摂取した薬物自体は
禁止されている物質ではないようです。

ただ、注射した場所が静脈であるということが
問題だったのだとか。

静脈注射は病気の治療目的以外で
行うことが禁止されており、
例えば疲労回復のために
ビタミン剤などを摂取するなどでも
ドーピング違反になるそうです。

こういった事例は、本人の認識もそうですが
周囲のコーチやトレーナーが
気付いて指摘するべきことでもあるのですが、
残念ながら、誰もその認識がなかったということですね。。。

ライアン・ロクテ選手のドーピング情報まとめ

競泳のライアン・ロクテ選手が違反したドーピングについて、
理由やドーピングの薬の種類などを調べてみました。

最近はドーピング検査も厳しくなっていますが、
これ以上ドーピング違反になる選手が
出ないことを祈ります。

スポンサーリンク







フォローする