インド版巨人の星作者古賀義章の逮捕歴の噂は嘘!プロフィールも!【激レアさん】

7/16(月)夜の激レアさんには、インド版巨人の星である
スーラジ ザ・ライジングスター」をヒットさせた
編集者、古賀義章さんが出演します!

かつて日本でも大ヒットしたアニメ「巨人の星」ですが、
それにインド版があるだけでも驚きなのに
それをインドでヒットさせたのも凄い話ですね。

どうやってインドで「スーラジ ザ・ライジングスター」を
ヒットさせたのか?そのエピソードも気になりますが、
古賀義章さんについて調べた時の
逮捕歴というキーワードが一体何なのかが気になりますね。

どうやら、今回激レアさんで紹介された
古賀義章さんご本人に逮捕歴があるという訳ではないようですが
少し調べてみました。

スポンサーリンク

インド版巨人の星作者古賀義章さんのプロフィール


出典:https://www.meiji.ac.jp/koho/blog/007/6t5h7p00000iw9wx.html

名前:古賀 義章(こが よしあき)

生年月日:1964年8月26日

年齢:53歳(2018年7月現在)

出身:佐賀県

出身高校:佐賀西高校

出身大学:明治大学

職業:編集者

勤務先:講談社

古賀義章さんは、明治大学卒業後の1989年に
講談社に入社しました。

入社後は「週刊現代」や「フライデー」、「クーリエ・ジャポン」の創刊に関わり、
「報道ステーション」ではコメンテーターとして
テレビにも出演するなど、幅広い方面で活躍してきました。

転機があったのは、2010年のこと。
古賀義章さんは国際事業局に異動し、そこで担当部長になりました。

当時は日本のアニメを中心とした
「クール・ジャパン」戦略が始まったころですが、
そこで「巨人の星」のリメイクアニメとして企画されたのが
「スーラジ ザ・ライジングスター」でした。

古賀義章さんの国際事業局への異動は、
これまでの講談社での経歴が認められたという
ことなんでしょうね。

インド版巨人の星「スーラジ ザ・ライジングスター」とは?

古賀義章さんがインド版巨人の星として企画したリメイクアニメ
スーラジ ザ・ライジングスター」ですが、

ただ単に巨人の星をインドの言葉、ヒンディー語や
英語に直したという訳ではないようですね。

スポ根アニメという部分は同じですが、登場するキャラクターの他
巨人の星とはいくつも違うところがあります。


出典:https://style.nikkei.com/article/DGXBZO55287400R20C13A5000000

まず、テーマとなっているスポーツが
野球クリケットとなっています。

インドでは野球ではなく、クリケットが人気となっているので
多くの人に見てもらうためにも、この変更は当然ですね。

また、日本とインドでは文化が異なるため
ちゃぶ台返しでは飲み物しかとばないようになっている、
主人公の姉のスカートの丈が原作より長くなっている
などの変更点があります。

スポンサーリンク
さらに、巨人の星の名物アイテムである「大リーグ養成ギブス」が
普通のゴム製の自転車チューブに変更されるなど、
細かいところまで気を遣っています。

これは児童虐待をしていると思われないようにという配慮ですが、
これは日本とインドの違いというよりも、時代背景的な話ですね。

「古賀義章」さんの逮捕歴とは?全くの別人!?

「スーラジ ザ・ライジングスター」をインドで大ヒットさせた
古賀義章さんですが、
何故か古賀義章さんに逮捕歴がある?というがあります。

調べてみたところ、株式会社パピヨンプラザという会社に
同姓同名の古賀義章さんがいるようです。

もちろん、これは講談社の古賀義章さんとは全くの別人で
株式会社パピヨンプラザの古賀義章さんも
逮捕されている訳ではないようです。

「スーラジ ザ・ライジングスター」を企画するような
立派な編集者が、実は逮捕歴があるというのも
おかしな話ですよね。

インド版巨人の星作者古賀義章さんの情報まとめ

激レアさんに登場した講談社の古賀義章さんについて、
プロフィールやインド版巨人の星である
スーラジ ザ・ライジングスター」などを調べました!

これからも、巨人の星だけでなく
どんどん日本の人気アニメが世界に広まってほしいですね!

ページトップへ

スポンサーリンク







フォローする