北海道胆振地方中東部の震度6強地震の震源の深さ、被害状況や余震、津波の可能性は?

本日(9月6日)の午前3時8分ごろ、
北海道胆振地方中東部で震度6強の地震が発生しました。

(2018年9月6日20:00追記)
気象庁より、今回の地震は最大震度7であると発表されました。

最近になって発生した地震の中でも、かなり大きい震度ですね。
北海道と言えば、先日発生したばかりの台風21号が
通過したばかりです。

この地震の震源や震源の深さ、被害状況、余震な津波の可能性などの
情報はどうなっているのでしょうか?

詳しい情報を調べてみました。

スポンサーリンク

北海道胆振地方中東部の震度6強地震、震源の深さや各地の震度は?

北海道胆振地方中東部で発生した震度6強の地震の震源は、
胆振地方中東部(北緯42.7度、東経142.0度
室蘭の東 北東90km付近)です。

震源地は新千歳空港から少し東に行った所のようですね。
交通網への影響が予想されます。


出典:https://weather.goo.ne.jp/earthquake/id/20180906030805/


出典:https://twitter.com/akihiro12m/status/1037402362229321728/photo/

地震の規模を表すマグニチュードはM6.7で、
震源の深さは40km、

各地で観測された主な震度の情報については以下の通りです。

・震度6強=胆振地方中東部、安平町
・震度6弱=千歳市
・震度5強=苫小牧市、千歳市、札幌市北区、江別市、三笠市、長沼町など
・震度5弱=室蘭市、登別市、白老町、恵庭市、北広島市など

今年発生した地震の中でも、かなり大きな地震ですね。

過去、この地方では大きな地震が発生したという記録はないそうです。
現地では混乱が予想されますね。

また、身体に感じるほどの地震が発生した範囲が広く、
北海道で発生した地震にも関わらず
東北や関東地方にまで震度が観測されています。

この地震により、また他の地域でも
地震が誘発する可能性などもあるかも知れません。

北海道胆振地方中東部の震度6強地震、余震、津波の可能性は?

北海道で今回発生した地震の余震や津波の可能性についてですが、
若干の海面変動は予想されるものの、
現時点では津波の心配はないという情報が入りました。

まずは一安心ですね。

スポンサーリンク
余震については、引き続き地震が発生しており
今後もしばらくは注意が必要とのことです。

北海道胆振地方中東部の震度6強地震情報まとめ

本日(9月6日)午前3時8分ごろに発生した、
北海道胆振地方中東部で震度6強の地震について、

震源や被害状況、余震な津波の可能性などの
各種情報をまとめました。

台風21号といい、今年は
記録的な自然災害の発生が、今年は特に多いですね。

ページトップへ

スポンサーリンク







フォローする