ゴマ(GOMA)が奏者のディジュリドゥとは?本名や個展、プロフィールも!

5/19(土)のETV特集ディジュリドゥ奏者兼画家の
ゴマ(GOMA)さんが登場です!

以前は世界有数のディジュリドゥ奏者だったゴマ(GOMA)
さんですが、2009年に交通事故に遭ってしまい、
脳障害を患ってしまいました。

しかし、事故を機に画家としての才能が開花し
今では個展を開くほどの人気があるのだとか。

現在ではディジュリドゥ奏者としても復活し、
画家としての活動も並行して続けているゴマ(GOMA)さんですが、
そもそもディジュリドゥって何なんでしょうか?

奏者、というからには楽器なんでしょうけど、
あまり聞いた事はありませんよね。

今回は、ディジュリドゥという楽器について、
また、ETV特集に登場したディジュリドゥ奏者の
ゴマ(GOMA)さん本名などのプロフィールや
個展の情報を調べてみました!

スポンサーリンク

ディジュリドゥ奏者兼画家ゴマ(GOMA)の本名やプロフィール


出典:http://gomaweb.net/profile/

名前:ゴマ(GOMA)

本名:森本 弘起(もりもと ひろき)

生年月日:1973年1月21日

年齢:45歳(2018年5月現在)

ゴマ(GOMA)さんがディジュリドゥを初めて知ったのは1994年、
友人に誘われたダンスのワークショップがきっかけだったそうです。

ディジュリドゥに出会うまでは、HIP HOPダンサーとして
活動していたとの事。
もともとそういった音楽系の分野で活動していたんですね。

当時、日本国内ではディジュリドゥについてほとんど情報が無かったので
練習のためにオーストラリアまで行っていたそうです。

今ならまだしも、ゴマ(GOMA)さんがディジュリドゥを知った当時は
ネットもほとんど発達していなかったでしょうから、
本当に何も分からない状態でのスタートだったんでしょうね。

ディジュリドゥって何?木製だけど金管楽器?

ゴマ(GOMA)さんが演奏するディジュリドゥですが、
これは海外、オーストラリア発祥の金管楽器です。

見た目通り木から作られてはいるのですが、楽器の構造上
金管楽器に分類されるそうです。


出典:
http://www.fjas.jp/contribution/
2011/09/post-5.html

元々はオーストラリアの先住民であるアボリジニー
儀式用などのために作ったと言われています。
ディジュリドゥの外見も、確かにそれっぽいですね。

古すぎて文献もほとんど残っていないようですが、
一説では世界最古の管楽器、という説もあるようです。

長さは約1mから、物によっては2mを越えるような非常に長い楽器です。

演奏の時には管に口を当てて音を出すのですが、
その長さ、重さから演奏する時は
楽器の端を地面に置いて演奏します。

調べてみると、まさに当のゴマ(GOMA)さんが
演奏している動画が見つかりました!

私は実際に見たことはありませんが、これだけ長いと
演奏するだけでも体力を使いそうですね!

ディジュリドゥに限らず、楽器を演奏するには体力が必要と言いますが
本当にその通りだと思います。。。

また、オーストラリアといえば
コアラやカンガルーのイメージがありますよね。

そのイメージ通り、ディジュリドゥは
コアラの好物であるユーカリの木から作られます。

ただ、実際にはシロアリが食べて中が空洞になった木を使うようです。
製造方法も、昔ながらの方法ですね。

スポンサーリンク

画家ゴマ(GOMA)さんの個展はどこで開催?

ディジュリドゥ奏者であるゴマ(GOMA)さんですが、
点描画の画家としても活躍しています。

ゴマ(GOMA)さんの作品はこのような絵です↓↓

出典:http://www.kichimu.la/file/GOMA.htm

アートについては美術的なセンスが無いと良さが分かりづらいですが、
点描画独自の良さ、というのもまたあるんでしょうね。

ゴマ(GOMA)さんの個展についてですが、
昨年の12月には東京の新宿で、今年の4月には大阪で
開催されていたみたいですね。

残念ながら、今ではどちらも終了してしまっていますが
今年はゴマ(GOMA)さんの活動20周年記念ということなので
今年中にまた個展が開催されるかも知れません!

ディジュリドゥ奏者兼画家ゴマ(GOMA)さんの情報まとめ

ETV特集に登場したディジュリドゥ奏者、兼画家
ゴマ(GOMA)さんについて、ディジュリドゥという楽器や
ゴマ(GOMA)さんの本名などのプロフィール
個展の情報などを調べました。

事故で障害を患っても負けることなく、ディジュリドゥ奏者としての
活動を再開したゴマ(GOMA)さん。

今後も、ディジュリドゥと画家の二刀流で
ますます活躍していくのではないでしょうか!

ページトップへ

スポンサーリンク







フォローする