AMP(wordpress用)削除、無効化の方法-モバイル用プラグイン

googleが導入を推奨しているwordpress向けのプラグインである
AMPですが、モバイル端末向けのサイト高速表示といったメリットはありますが
依然としてデメリットはあります。

最近ではスマホの普及により、スマホ向けのサイト構築をすることが
SEO的にも有効であるため、私も試しに以下のAMPプラグインを
導入してみました。

ただ、色々と試した結果、いくつかのデメリットがあったため
私は現時点ではこちらのAMPは導入しないことにしました。

今回は、googleが導入を推奨しているAMP(Accelerated Mobile Pages)について
発生したデメリット削除、無効化の方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

AMP(Accelerated Mobile Pages)のデメリット

1.サイトレイアウトの変更
wordpressを使うメリットとして、サイトのテーマやレイアウトを
簡単に変更できるというメリットがあります。

しかし、AMPを導入するとサイトのレイアウトが 変更、簡素化され
どのサイトも似たような外観になってしまいます。

サイトを簡素化すれば高速化されるのは確かに納得なのですが、
せっかく手間暇かけてカスタマイズしたサイトの外観が
AMPの導入で統一されてしまうのは、少しもったいないですね。

2.元のページに戻れない
スマホでwebページを見た場合、サイトの設定によっては
スマホの「元に戻る」ボタンが使用できない場合があります。
ただ、この現象は全てのAMP導入サイトに発生しているわけではないようです。

そうなってしまった場合、最終的には
現在見ているサイトのタブを削除するしかなくなるため、
サイトがかなり使いづらくなってしまいます。

3.Google Adsence広告の非表示

私がAMPの導入を取りやめた一番の理由は、
google Adsenceの広告が非表示になってしまったことです。

サイト収益の要となっているにも関わらず、
この広告が表示されないのはかなり厳しいです。

スポンサーリンク

AMP(Accelerated Mobile Pages)の削除、無効化方法

1.プラグインの削除
まずは当然ながら、プラグインの削除です。
wordpressの編集画面から、「プラグイン」→「インストール済プラグイン」
→AMPを選択し、無効化又は削除します。

2.Fetch as google へインデックス登録を再度リクエスト
サイトのインデックス登録までの時間を短縮する方法として
Fetch as googleにリクエストする方法があります。

この方法を採用している方の場合は、Feach as googleへ
再度リクエストすることで、AMPを無効化するまでの時間が短縮されます。

AMP(Accelerated Mbile Pages)の情報まとめ

googleが導入を推奨しているAMP(Accelerated Mobile Pages)について、
デメリット削除、無効化の方法をまとめました。

環境によっては収益の増大、検索結果の上位表示というメリットはありますが
発表からしばらく経った現時点でもデメリットはあるため
これから導入を考えている方は、注意して導入することをお勧めします。

ページトップへ

スポンサーリンク







フォローする